フィギュアスケート

【フィギュアスケート】東日本選手権:佐藤駿と樋口新葉が優勝

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

「第46回東日本フィギュアスケート選手権大会、第37回東日本ジュニア選手権大会」は11月7日、2日目を迎えた。男女フリースケーティングが行われ、男子は佐藤駿(フジ・コーポレーション)が優勝、2位は鍵山優真(星槎国際横浜)だった。女子は樋口新葉(明治大学/ノエビア)が制した。

第46回東日本選手権大会兼第37回東日本ジュニア選手権大会(Japan Skating Federation Official Results & Data Site)

同大会は小瀬スポーツ公園アイスアリーナ(山梨県甲府市)で開催されており、最終日8日はジュニア男女のフリースケーティングが行われる。

フィギュアスケート東日本選手権は西日本選手権と並び、全日本選手権の予選と位置づけられ、国内ブロック大会上位選手が出場する。

全日本選手権への出場権は、男子シングルでは東日本選手権通過9選手(枠内で1選手決定済)、西日本選手権通過12選手、加えてシード3選手(羽生結弦、鍵山優真、宇野昌磨)に与えられ、女子シングルは東日本選手権通過9選手、西日本選手権通過11選手、シード4選手(紀平梨花、樋口新葉、川畑和愛、宮原知子)が出場する。

なお、シード選手は予選通過数の枠外になる。

予選会通過者数については以下のリンクを参照。

2020-2021シーズン 予選会通過者数について(日本スケート連盟公式サイト)