フィギュアスケート

【フィギュアスケート】18日開幕世界選手権の中止が決定…羽生結弦、紀平梨花ら出場予定

カナダで予定の世界選手権が中止に(写真は2017年大会)

現地時間11日、国際スケート連盟(ISU)は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、18日よりカナダ・モントリオールで開催予定だった「フィギュアスケート世界選手権」を中止すると公表した。

同大会には日本からはソチ大会、平昌大会でオリンピック2連覇を達成した羽生結弦(ANA)のほか、平昌五輪銀の宇野昌磨(トヨタ自動車)、4大陸選手権で2連覇を果たした女子のエース、紀平梨花(関大KFSC)らが出場する予定となっていた。

現在カナダでも新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されており、3月11日時点では109名に陽性が確認され、1名の死者が出ていた。

なおフィギュアスケート世界選手権は今後の様子を見ながら、10月以降に開催できるか検討する見通し。

フィギュアスケート:スパイラルの決め方

元アイスダンス世界王者のアンナ・カッペリーニが、“エンジェル”とも呼ばれるスパイラルの決め方を説明した。