フィギュアスケート

【フィギュアスケート】GPシリーズ第2戦スケートカナダが中止|宮原知子ら出場予定

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

国際スケート連盟(ISU)は10月14日、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大により、2020-21シーズンのフィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダ(10月30日~31日)の中止を発表した。同大会には、女子シングル宮原知子(関西大学・木下グループ)らが出場を予定していた。

ISUは、「オタワ市やオンタリオ州政府と協議の上、スケートカナダの中止を決定した。健康危機と、選手、コーチ、関係者らの健康・安全を考え、中止が適切だと判断した」と説明している。

スケートカナダは10月30日から31日にオタワで開催予定で、日本からは宮原のほか、ペアの三浦璃来・木原龍一組(木下グループ)がエントリーしていた。

宮原は15日、自身のブログを更新。スケートカナダの中止について、「また小さな空白が生まれてしまったような気持ちになってしまいました」とコメント。一方で、「わたしには全日本に向け、練習すべきこと、取り組むべきことは沢山あります。まずは気持ちを落ち着かせて、気持ち新たに来たる試合を楽しみに、頑張っていきたいと思います」と全日本選手権(12月23日~27日)に向け、意気込みを見せた。

宮原知子オフィシャルブログ

今季のGPシリーズは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、自国やその近隣国、トレーニング拠点で開催される大会への出場に制限されている。各大会の出場予定選手は以下のリンクを参照。

グランプリシリーズ出場選手リスト(ISU公式)

男子シングル

女子シングル

ペア

アイスダンス