【フィギュアスケート】GPシリーズ第3戦、フランス国際・男子FS:宇野昌磨は総合8位。優勝はネイサン・チェン

宇野昌磨は2日目のフリーも調子が上がらず、総合8位(写真は2018年全日本選手権)
宇野昌磨は2日目のフリーも調子が上がらず、総合8位(写真は2018年全日本選手権)宇野昌磨は2日目のフリーも調子が上がらず、総合8位(写真は2018年全日本選手権)

フランスのグルノーブルで行われているISUグランプリシリーズ第3戦フランス国際は、現地時間11月2日に2日目を迎えた。この日は、男子のフリーが行われた。前日のショートプログラムでジャンプにミスが目立った宇野昌磨(トヨタ自動車)は、この日もジャンプが決まらず、136.79ポイント(技術点61.57、構成点79.22)の9位に終わり、総合8位で大会を終えた。

優勝は、この日のフリーでも194.68(技術点102.10、構成点92.58)と圧倒的な強さを見せた米国のネイサン・チェン。総合で297.16点とし、2位に30ポイント差を付けての優勝を果たした。同じく米国国籍の樋渡知樹は、フリーで158.73点(技術点85.17、構成点73.56)の4位と、巻き返しを見せ、総合5位に入った。

次回のISUグランプリシリーズは、11月8日から中国の重慶で開催される。

ISUグランプリシリーズの情報はコチラ:【フィギュア】グランプリシリーズ2019の日程と放送中継予定、出場選手

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!