フィギュアスケートGPシリーズ中国杯男子SP:田中刑事は7位…ジャンプに精彩欠く

7位の田中刑事は、翌日のフリーで挽回を狙う(写真は平昌五輪)
7位の田中刑事は、翌日のフリーで挽回を狙う(写真は平昌五輪)7位の田中刑事は、翌日のフリーで挽回を狙う(写真は平昌五輪)

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦「資生堂中国杯」の男子ショートプログラム(SP)が、現地時間11月8日に中国・重慶で行われた。田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は7位。

10月に行われたグランプリシリーズ第2戦カナダ大会では、開幕直前に現地でタクシー乗車中に交通事故に遭いながらも、予定通り出場し銅メダルを獲得した田中刑事は、満を持しての出場。しかし、ジャンプが決まらず、パフォーマンスに精彩を欠いた。74.64(技術点35.65、構成点38.99)の7位から、翌日のフリースケーティングでの挽回を狙う。

首位は、86.46(技術点45.35、構成点41.11)ポイントを挙げた中国の閻涵。。昨シーズンは競技大会に出場しなかったことから、引退も噂されたが、見事な復活を見せた。2位にも、中国の金博洋が85.43(技術点45.71、構成点40.72)ポイントで続き、ホスト国の中国勢が上位に付けた。3位には、81.72(技術点42.54、構成点40.18)ポイントでイタリアのマッテオ・リッツォが入った。

男子フリースケーティング(FS)は、日本時間で翌11月9日の19時45分からスタートする。

【大会情報はこちら】:【11/8開幕】男子フィギュア・GPシリーズ第4戦中国杯 日程、放送予定|田中刑事ら出場

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!