フィギュア、グランプリファイナルで宇野昌磨が銀…前大会に続きネイサン・チェンに一歩及ばず

2018 ISU Grand Prix of Figure Skating Final Men's podium finishers
2018 ISU Grand Prix of Figure Skating Final Men's podium finishers2018 ISU Grand Prix of Figure Skating Final Men's podium finishers

フィギュアスケートの『2018−2019 ISUグランプリファイナル』男子フリープログラムが現地時間7日、カナダのバンクーバーで行われた。

ショートプログラムで91.67点で2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)は、フリーでは4回転サルコウのミスもあり、183.43点で合計275.10点となった。

だがショート1位(92.99点)のネイサン・チェン(アメリカ合衆国)がフリーでは189.42点と全選手トップの得点で合計282.42点となり、チェンが金。宇野は一歩及ばず銀メダルに終わった。

昨シーズン、地元名古屋で行われたグランプリファイナルに続き、宇野は2年連続でチェンに敗れる結果となった。

男子総合結果

1:ネイサン・チェン/282.42

2:宇野昌磨/275.10

3:チャ・ジュンファン/263.49

4:ミハル・ブジェジナ/255.26

5:キーガン・メッシング/236.05

6:セルゲイ・ボロノフ/226.44

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!