フィギュア、紀平梨花が女王ザギトワを下しGPファイナル戴冠…坂本花織4位、宮原知子6位

紀平梨花が女王ザギトワを下しGPファイナル戴冠/ AFP=時事
紀平梨花が女王ザギトワを下しGPファイナル戴冠/ AFP=時事紀平梨花が女王ザギトワを下しGPファイナル戴冠/ AFP=時事

フィギュアスケートの『2018−2019 ISUグランプリファイナル』の女子フリープログラムが現地時間8日、カナダのバンクーバーで行われた。

ショートプログラム1位の紀平梨花(関西大学KFSC)は、フリーでも全選手トップの150.61点を叩き出し、総合233.12点で優勝した。グランプリシリーズデビューシーズンでのファイナル制覇は2005年の浅田真央以来となる。

平昌オリンピック金のアリーナ・ザギトワ(ロシア)は、SPに続いてフリーでも2位の148.60点となり、総合226.53点の2位。紀平にわずか及ばず、連覇を逃す形に。

坂本花織(シスメックス)はフリー141.45点の総合211.68点で4位、宮原知子(関西大学)はフリー133.79点の総合201.31点で6位だった。

女子総合結果

1:紀平梨花/233.12

2:アリーナ・ザギトワ/226.53

3:エリザベータ・トゥクタミシェワ/215.32

4:坂本花織/211.68

5:ソフィア・サモドゥロワ/204.33

6:宮原知子/201.31

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!