テニス

フェデラー、レーバー杯に臨むナダルの姿勢を称賛「全米OP後に休養をもらうこともできたはず」

レーバー杯に向け調整中のナダルとフェデラー

ヨーロッパチームvsワールドチームで行われるテニスの対抗戦、レーバーカップは現地時間20日~22日まで、スイスのジュネーブで行われる。

この大会のヨーロッパチームには、ロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)、ドミニク・ティエム(オーストリア)、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)といったテニス界のトップ選手が集結。

ヨーロッパチームの一員として現地で調整を続けているフェデラーは、同じくヨーロッパチームの同僚であるナダルについて言及。その言葉をATP(男子プロテニス協会)公式メディアが伝えている。

「ラファはこのイベントに高いモチベーションを持って望んでいる。彼は先日、全米ーオープンを優勝したばかりなのにね」

フェデラーは「休養が必要だと主張することだってできたはず。それでもラファは“いや、休憩なんて後に設定してもいいからね。それを後回しにしてでもレーバーカップに参加したかった。みんなと戦う場に身を投じたかったんだ”と言っていたよ」と続け、レーバーカップに挑むナダルの姿勢に賛辞を贈っている。

ここまでテニスのグランドスラム大会で、フェデラーは前人未到の20度優勝を達成。だが先日の全米オープンはナダルが戴冠を果たし、グランドスラムの優勝回数が19に。フェデラーの優勝回数まであと1と迫った。

21世紀に入ってからテニス界を常にリードしてきたフェデラーとナダル。長年のライバル関係でもある2人だが、レーバーカップに向けたトレーニングでは同じコートで調整し、大会では味方として戦うことになる。

レーバーカップは今回が3回目の開催で、過去2大会はいずれもヨーロッパチームが制している。“史上最高のテニスプレーヤー”とも称される2人、フェデラーとナダルが揃い踏みのヨーロッパチームは、3連覇を果たすことができるのだろうか。