フェデラー、2008年以来の全米制覇に意気込む…勝ち上がりなら準々決勝で錦織と激突も?

2008年大会以来の全米OP優勝を狙うフェデラー
2008年大会以来の全米OP優勝を狙うフェデラー2008年大会以来の全米OP優勝を狙うフェデラー

男子テニス、世界ランキング3位のロジャー・フェデラー(スイス)が、直前に迫った全米オープンに向けて意気込んだ。

フェデラーは全米OP直前の公式会見に登場。2004年大会から2008年大会まで5連覇を果たしたものの、その後は全米の頂点から11年遠ざかっている状態。「全米の準備はできている」と述べ、11年ぶりの全米制覇に気概を示している。

「ここ数年、黒星を喫した内容はどれもいいものではなかった。2017年大会は背中を負傷していたし、2018年大会は暑さにやられた。運に恵まれなかった部分もあるけれど、これもキャリアの一部だと受け止めている」

「最近はグランドスラムでいいプレーが出来ているからね。これはとても素晴らしいことだと思う。ウィンブルドンではラファ(ラファエル・ナダル)に勝てたし、これで自信を深めることができたんだ。それからハードに向けて調整を続けてきた。全米の準備はできている」

最新のATPランキングで3位に付け、大会第3シードとなったフェデラー。順調に勝ち進んだ場合、準々決勝では同7位の第7シード、錦織圭と激突する。

直前のグランドスラム大会、ウィンブルドンの準々決勝ではフェデラーvs錦織が実現。フェデラーは錦織相手に第1セットを4-6で落としたものの、ここからギアを上げ、第2セットから6-1、6-4、6-4と3連取して逆転勝利を飾っている。

11年ぶりとなる全米制覇を目指すフェデラー。日本の錦織圭にとっては、フェデラーの壁を打ち破ることができるかどうかが、初のグランドスラム制覇に向けたポイントとなりそうだ。

  • アンディ・マレーがロジャー・フェデラー破り金 | ロンドン2012リプレイ

    アンディ・マレーがロジャー・フェデラー破り金 | ロンドン2012リプレイ

  • 男子シングルス/混合ダブルス - 5日目 - テニス |ブエノスアイレス2018

    男子シングルス/混合ダブルス - 5日目 - テニス |ブエノスアイレス2018

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!