フェンシング男女サーブルのモスクワGP2日目:日本男子勢は本戦の1回戦で敗退

日本勢が初戦敗退した男子サーブルのモスクワGPは、フランスのボラーデ・アピティが制した(写真は欧州選手権英国大会のもの)
日本勢が初戦敗退した男子サーブルのモスクワGPは、フランスのボラーデ・アピティが制した(写真は欧州選手権英国大会のもの)日本勢が初戦敗退した男子サーブルのモスクワGPは、フランスのボラーデ・アピティが制した(写真は欧州選手権英国大会のもの)

現地時間の5月24日に開幕したFIEグランプリ・サーブルのモスクワ大会は2日目を迎えた。

2日目は、男子の本戦(ラウンド64以降)が行われた。この日出場した日本人選手は、吉田健人(警視庁)と島村智博(警視庁)の2名。いずれも、1回戦で敗退した。

ロシアのトルシャコフ・アレクサンダーに15-13敗れた吉田は、44位。同じくロシアのボリス・サビッチに13-15で敗れた島村は37位で大会を終えた。

優勝は、米国のエリ・ダーシュウィッツを15-10で破ったフランスのボラーデ・アピティ。3位タイの銅メダルは、イタリアのルカ・クラトリとドイツのマックス・ハートゥンクがそれぞれ獲得した。

翌26日には、女子サーブルの本戦が行われる。なお、この大会では団体戦は行われない。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!