フェンシング

【フェンシング】全日本選手権決勝:女子エペで佐藤希望が6度目の優勝

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

第73回全日本フェンシング選手権大会決勝戦が9月26日に開催され、男女それぞれ、「フルーレ」「エペ」「サーブル」の3種目が行われた。女子エペでは、ロンドン、リオデジャネイロ五輪代表の佐藤希望(大垣共立銀行)が寺山珠樹(日本大学)を下し、2015年以来6度目の優勝を飾った。

女子サーブルでは、福島史帆実(セプテーニ・ホールディングス)がリオデジャネイロ五輪代表・青木千佳(NEXUS FENCING CLUB)を破り、2016年以来2度目の優勝。女子フルーレでは菊池小巻(セガサミーホールディングス)が、前回覇者の辻すみれ(朝日大学)を下した。

男子では、フルーレで松山恭助(JTB)が、エペで坂本圭右(自衛隊体育学校)がそれぞれ優勝。サーブルでは小久保真旺(星槎国際高等学校川口)が初優勝を果たした。

第73回全日本フェンシング選手権大会決勝戦は、ニューピアホール(東京都港区)にて無観客で開催された。

■第73回全日本フェンシング選手権大会決勝・結果

女子サーブル:青木千佳 3-15 福島史帆実

男子サーブル:小久保真旺 15-7 吉田健人

女子フルーレ:菊池小巻 15-12 辻すみれ

男子フルーレ:松山恭助 15-4 永野雄大

女子エペ:寺山珠樹 9-14 佐藤希望

男子エペ:宇山賢 13-15 坂本圭右

大会結果(大会公式ホームページ)