フェンシング

【フェンシング】女子フルーレW杯:東晟良は10位…アリーチェ・ヴォルピが優勝

文: 渡辺文重 ·

FIE(国際フェンシング連盟)女子フルーレ・ワールドカップ(W杯)サンモール大会(フランス)が現地時間12月13日に開幕。大会初日と2日目の14日は個人戦が行われた。優勝はアリーチェ・ヴォルピ(イタリア)。日本人最上位は東晟良の10位だった。15日には団体戦が行われる。

世界ランク2位のヴォルピが優勝(写真はヨーロッパ競技大会2015バクー)

1日目のプール戦の結果、菊池小巻、辻すみれ、宮脇花綸、柳岡はるか、狩野央梨沙、久良知美帆、西岡詩穂、阿部広美は予選トーナメント1回戦に進出。東莉央と狩野愛巳は同2回戦からの出場となる。予選トーナメントの結果、東莉と狩野愛が決勝ノックアウトステージへとコマを進める。

2日目のノックアウトステージからは、世界ランキング14位の東晟良も出場。東晟と東莉は1回戦、2回戦と勝ち抜くも、ともにベスト16で敗退。狩野愛は1回戦で敗退となった。

決勝はイタリア勢同士で行われ、ヴォルピに軍配。準優勝は、マルチナ・バティーニだった。日本勢の最終結果は以下の通り。

  • 10位:東 晟良(日本体育大学)
  • 16位:東 莉央(日本体育大学)
  • 38位:狩野愛巳(日清製粉グループ本社)
  • 75位:辻すみれ(朝日大学)
  • 90位:柳岡はるか(全日本空輸株式会社)
  • 102位:菊池小巻(セガサミーホールディングス株式会社)
  • 111位:宮脇花綸(株式会社マイナビ)
  • 125位:久良知 美帆(城北信用金庫)
  • 126位:狩野 央梨沙(早稲田大学)
  • 131位:西岡詩穂(警視庁)
  • 149位:阿部広美(警視庁)