フリースタイルスキー

【フリースタイルスキー】世界選手権アルマトイ3日目:碓氷衣織は女子エアリアル22位

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

カザフスタン・アルマトイで開催されている2021 FIS(国際スキー連盟)フリースタイルスキー&スノーボード世界選手権のフリースタイルスキー・モーグル/エアリアル種目は現地時間3月10日、男女エアリアル予選、決勝を実施した。女子の碓氷衣織(早稲田大学)は22位で予選敗退となった。

女子優勝はローラ・ピール(オーストラリア)。2位はアシュリー・コールドウェル(アメリカ合衆国)、3位はリュボフ・ニキティナ(RSF=ロシアスキー連盟)だった。

男子はマキシム・ブロフ(RSF)が金メダルを獲得した。クリストファー・リリス(アメリカ合衆国)が準優勝、パヴェル・クロトフ(RSF)が3位。日本人選手の出場はなかった。

男子エアリアル:予選決勝(FIS公式HP)

女子エアリアル:予選決勝(FIS公式HP)

フリースタイルスキー&スノーボード世界選手権は2月に中国・河北省の張家口市で予定されていたものの、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、開催中止。種目ごとで分離開催となっている。

2021 FISフリースタイルスキー&スノーボード世界選手権(全日本スキー連盟公式HP)