【フリースタイルスキー】W杯モーグル第2戦:堀島行真が今シーズン初優勝

今シーズン初勝利を挙げた堀島行真
今シーズン初勝利を挙げた堀島行真今シーズン初勝利を挙げた堀島行真

12月14日、中国の張家口・太舞でフリースタイルスキーワールドカップ(W杯)モーグル第2戦が行われ、男子は2017年世界選手権王者で平昌五輪代表の堀島行真が今季初優勝を飾り、通算5勝目を挙げた。女子では15歳の中学生、川村あんりの5位が日本勢最高順位だった。

2017年の世界選手権では史上初となるモーグル、デュアルモーグルの2冠を達成している堀島行真は、今季W杯第1戦ではミカエル・キングズベリー(カナダ)に次ぐ2位だったものの、今大会ではそのキングズベリーを抑えて優勝し、今シーズン初勝利を挙げた。そのほかの日本人選手では杉本幸祐が77.14点で9位、藤木豪心は22位だった。

女子では、ワールドカップデビュー戦となった今季開幕戦で銀メダル獲得の15歳・川村あんりが59.43点で5位。伊原遥香が川村に次ぐ6位となった。

ほか、決勝1回目敗退の星野純子は9位、住吉輝紗良は12位、冨高日向子は14位だった。優勝したのはフランスのペリーヌ・ラフォンで開幕戦からの連勝を飾った。

W杯モーグル第2戦結果

男子

  1. 堀島行真(日本):86.89点
  2. ミカエル・キングズベリー(カナダ):86.29点
  3. ベンジャミン・キャベット(フランス):83.28点
  4. マット・グラハム(オーストラリア):83.19点
  5. ブローディー・サマーズ(オーストラリア):82.38点
  6. ドミトリー・レイヘルド(カザフスタン):80.77点

女子

  1. ペリーヌ・ラフォン(フランス):81.37点
  2. ユリア・ガリシェワ(カザフスタン):79.77点
  3. ジュスティーヌ・デュフール=ラポワント(カナダ):74.29点
  4. ジャカラ・アンソニー(オーストラリア):72.11点
  5. 川村あんり(日本):59.43点
  6. 井原遥香(日本):10.27点

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!