プレミア12・侍ジャパンがメキシコに3-1快勝! 今永が6回1失点の快投

今永の快投で日本代表がメキシコに勝利を収めた
今永の快投で日本代表がメキシコに勝利を収めた今永の快投で日本代表がメキシコに勝利を収めた

11月13日、野球の国際大会「プレミア12」の第3戦が行われ、侍ジャパンはメキシコ代表と対戦し、3-1で勝利した。

日本は初回から鈴木誠也、近藤健介がタイムリーヒットを放ち2点を先制。2回には二死一、二塁のチャンスで坂本勇人がタイムリーヒットを放ち、3-0とリードを広げる。

先発の今永昇太(DeNA)は4回に1発を浴びたものの、そこから6回まで安打を許さない好投を見せた。その後は甲斐野央、山本由伸、山崎康晃が無失点でつないで日本は逃げ切りに成功した。

ここまで不調だった坂本勇人はこの日3安打。試合後、稲葉篤紀監督は「(坂本)勇人を2番にしてつなげていきたかった」と坂本を信頼して2番で起用したことを明かした。また、先発の今永については「本塁打の出やすい球場でこれだけの投球をしてくれて素晴らしかった」とその投球を讃えた。

これで3勝1敗とした日本代表は、16日に決勝進出をかけ、韓国代表と対戦する。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!