プレミア12・決勝ホームランの山田哲人「オリンピックに出て活躍したい」 

11月17日(日)、野球の国際大会「プレミア12」の決勝が東京ドームにて行われ、日本が韓国を5-3で破り、世界一に輝いた。

日本は初回から3点を失う厳しい展開。流れを変えたのは、2回に山田哲人が放った逆転の3ランホームランだった。この一打が決勝点となり、日本は因縁のライバル・韓国を撃破した。プレミア12優勝は侍ジャパンとして初めての快挙だ。

今大会は五輪の前哨戦として位置づけられる。山田は2020年の東京五輪を見据えて「オリンピックに出て活躍したいという気持ちを持っている」と意欲をのぞかせた。

選手は既に五輪への代表争いを見据えている
選手は既に五輪への代表争いを見据えている選手は既に五輪への代表争いを見据えている

ただし、今大会MVPの鈴木誠也が「いい打者が揃っている」と語るように、日本の選手層は厚い。日本球史最高の二塁手と称される山田も、代表では一塁手起用が続くほど競争は激しい。山田は「(代表に)選ばれるような活躍をしたい」と五輪メンバー争いへの意気込みを口にしていた。

日本代表の稲葉篤紀監督は「オリンピックもいい戦いになっていくと思う。今回のメンバーも含めこちらも反省していきながら、来年の彼らのプレイも見て考えたい」と語った。

日本が最後に五輪で金メダルを手にしたのは1984年のロサンゼルス大会。もちろん、東京五輪で目指すのは36年ぶりの金メダルだ。プレミア12で世界一に輝き、野球大国の意地を見せた侍ジャパンの挑戦は今後も続いていく。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!