【プロ野球】日本シリーズ第3戦|6-2で快勝のソフトバンク、3連勝で最短優勝も目前

無安打の丸をはじめ、巨人打線はこの日も抑え込まれた(写真はマリナーズ戦)
無安打の丸をはじめ、巨人打線はこの日も抑え込まれた(写真はマリナーズ戦)無安打の丸をはじめ、巨人打線はこの日も抑え込まれた(写真はマリナーズ戦)

日本シリーズの第3戦が、東京ドームで行われた。福岡から東京に会場が移ったものの、福岡ソフトバンクホークスの勢いは止まらず、読売ジャイアンツに6-2の快勝。3連勝で日本一に王手をかけた。

この日、巨人は1回裏に先頭打者の亀井善行がソロホームランで幸先良く先制するものの、後が繋がらない。ソフトバンクの先発バンデンハークも、ショックを受けることなく後続を断ち切った。バンデンハークは、3回裏に再び亀井にソロホームランを浴びながらも、4回を2失点で抑え、試合を作った。

試合を分けたのは、2-2で迎えた4回表。巨人の守備が崩れた。3番手の19歳の戸郷翔征が、1アウト1、2塁の状況で送りバントの処理を失敗。走者満塁としたソフトバンクは、犠牲フライ、フォアボールの押し出し、そしてデスパイネのレフト前ヒットときっちりと打線を繋ぎ、一気に4得点を稼ぎ、大差をつけた。

その後は、両チームともに継投が奏功し、ソフトバンクがそのまま6-2で逃げ切った。日本シリーズは、先に4勝を挙げたほうが優勝するため、翌23日にソフトバンクが勝てば、最短で優勝が決まる。

野球の東京五輪情報はこちら:【東京オリンピック出場枠争い】野球:開催国枠の日本を含めた6チームで実施。「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督が選ぶ24名は?

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!