【プロ野球】日本シリーズ第4戦|4連勝のソフトバンクが3年連続の日本一

巨人は追い上げたものの、同点には届かなかった(写真はマリナーズ戦)
巨人は追い上げたものの、同点には届かなかった(写真はマリナーズ戦)巨人は追い上げたものの、同点には届かなかった(写真はマリナーズ戦)

10月23日、プロ野球の日本シリーズ第4戦が行われた。3連勝で勢いに乗る福岡ソフトバンクホークスが4-3で読売ジャイアンツを下し、日本一となった。3年連続優勝は、球団初。南海、ダイエー時代を含め、10度目の日本一となった。

パ・リーグ優勝を逃し、クライマックスシリーズから日本シリーズへの出場権を手にしたソフトバンクは、5番のグラシアルが爆発。4回表の3ランをホームランを含む4打数2安打、今年の日本シリーズ通算でも3本の本塁打を放ち、MVPに輝いた。

本拠地東京ドームのファンの前で意地を見せたい巨人も、6回にソフトバンクの2番手として登板したスアレスを捉え、1点差に詰め寄る。しかし、7回に再び2度のエラーを含む守備のミスから1点を献上すると、この得点が決勝点となった。7回裏に3番・センターの丸佳浩の2ベースヒットで1点を返したものの、同点には追いつけず、ソフトバンクに逃げ切られた。

投手陣の継投、打線の並びや交代など、見事な采配を見せた工藤公康監督は、就任5年目で4度目の日本一。名将への道を進んでいる。

野球の東京五輪情報はこちら:【東京オリンピック出場枠争い】野球:開催国枠の日本を含めた6チームで実施。「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督が選ぶ24名は?

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!