野球

【プロ野球】10月4日|DeNA・オースティンが3発6打点、オリ・宮城が初登板

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

プロ野球は10月4日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の合計6試合が行われた。セントラル・リーグでは、横浜DeNAベイスターズが大勝で3位に返り咲いた。パシフィック・リーグでは、投打が噛み合ったオリックス・バファローズが連敗をストップした。ここでは4日の試合を振り返る。(画像は時事)

横浜DeNAベイスターズが中日ドラゴンズに大勝し、連敗を4でストップ。打ってはオースティンが3本塁打6打点、神里和毅もダメ押しの3ランを放った。投げては先発の大貫晋一が8回途中1失点で8勝目を挙げた。

読売ジャイアンツは投打が噛み合い、阪神タイガースに連勝。丸佳浩の18号ソロ、若林晃弘の2号2ランなど12安打7得点。投げては好リリーフの大江竜聖が3勝目をマークした。

広島東洋カープは田中広輔の7号ソロ、鈴木誠也の20号ソロなどで、東京ヤクルトスワローズとの空中戦を制した。投げては先発の中村祐太が5回1失点の好投で今シーズン初勝利。

千葉ロッテマリーンズは7安打8得点と効率的に得点を挙げ、埼玉西武ライオンズに逆転勝利。先発の美馬学が9回4安打1失点完投で9勝目。4番の安田尚憲が勝ち越し打を放ち、援護した。

オリックス・バファローズは投打が噛み合い、東北楽天ゴールデンイーグルスに大勝。打っては杉本裕太郎が2安打1打点、伏見寅威が1安打4打点の活躍。勝ち星ことつかなかったが、先発の宮城大弥は5回2失点の好投で、堂々の一軍デビューを果たした。

福岡ソフトバンクホークスが終始試合をリードし、北海道日本ハムファイターズに快勝。周東佑京が今季1号を含む3安打3打点、先発の和田毅は5回2安打3失点で6勝目を挙げた。

10月4日の試合結果

DeNA 9-3 中日

阪神 1-7 巨人

ヤクルト 4-6 広島

ロッテ 8-1 西武

オリックス 9-2 楽天

ソフトバンク 8-4 日本ハム