野球

【プロ野球】10月8日|阪神・西が9勝目、楽天・岸が3勝目

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

プロ野球は10月8日、セントラル・リーグ2試合、パシフィック・リーグ2試合の合計4試合が行われた。セントラル・リーグでは、阪神タイガースが広島東洋カープに大勝。パシフィック・リーグでは、投打が噛み合った東北楽天ゴールデンイーグルスが快勝を収めた。ここでは8日の試合を振り返る。(画像は時事)

読売ジャイアンツは4回までに大量9得点を挙げ、横浜DeNAベイスターズとの打撃戦を制した。岡本和真が先制の25号2ランを含む2安打3打点。先発のサンチェスは7回2失点の好投で7勝目を挙げた。

投打が噛み合った阪神タイガースが、広島東洋カープに大勝。先発の西勇輝が8回4安打1失点、12奪三振の快投を見せると、自らタイムリーを放つなど、投打で活躍して今シーズン9勝目を手にした。

東北楽天ゴールデンイーグルス対北海道日本ハムファイターズの一戦は、投打が噛み合った楽天が快勝。4回に小郷裕哉のタイムリーなどで4得点を挙げると、先発の岸孝之が7回途中4安打1失点の好投で3勝目をマークした。

埼玉西武ライオンズ対福岡ソフトバンクホークスの一戦は、4対4の引き分けに終わった。ソフトバンクは序盤、栗原陵矢のタイムリーなどでリードを奪ったが、終盤に山川穂高の24号3ランで西武が追いつき、引き分けに持ち込んだ。

ZOZOマリンスタジアムで開催予定だった千葉ロッテマリーンズ対オリックス・バファローズの対戦は、降雨のため試合前に中止となった。

10月8日の試合結果

巨人 9-7 DeNA

広島 1-9 阪神

日本ハム 1-4 楽天

西武 4-4 ソフトバンク

ロッテ 中止 オリックス