野球

【プロ野球】11月1日|広島・森下が10勝目、日本ハム・野村が2安打4打点

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

プロ野球は11月1日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の合計6試合が行われた。セントラル・リーグでは広島東洋カープの森下暢仁が10勝目をマーク。パシフィック・リーグでは、投打が噛み合った北海道日本ハムファイターズが快勝を収めた。ここでは1日の試合を振り返る。(画像は時事)

読売ジャイアンツは畠世周の好投で東京ヤクルトスワローズとの接戦を制した。畠は9回3安打無失点で、プロ初完投・初完封勝利で今シーズン4勝目をマーク。

横浜DeNAベイスターズは阪神タイガースとの打撃戦を制してサヨナラ勝ち。ソトの2本塁打を含む3安打3打点、梶谷隆幸がサヨナラ打を含む2安打2打点の活躍を見せた。

広島東洋カープが中日ドラゴンズに3連勝で、引き分けを挟んで5連勝とした。先発の森下暢仁が8回無失点の好投で今季10勝目。バッテリーを組んだ坂倉将吾が2安打1打点と攻守で援護した。

序盤に大量点を挙げた北海道日本ハムファイターズがオリックス・バファローズに快勝。打っては野村佑希が2安打4打点の大活躍。投げては先発の有原航平が5回1失点で8勝目を挙げた。

埼玉西武ライオンズは栗山巧が2安打1打点、中村剛也が1安打2打点とベテランコンビの活躍で福岡ソフトバンクホークスに逆転勝利。先発の松本航は5回1失点で6勝目を手にした。

千葉ロッテマリーンズ対東北楽天ゴールデンイーグルスの一戦は引き分けに終わった。わずか3安打に終わったロッテだが、1点ビハインドの7回に安田尚憲が同点タイムリーを放ち、引き分けに持ち込んだ。

11月1日の試合結果

巨人 2-0 ヤクルト

DeNA 6-5 阪神

中日 0-3 広島

日本ハム 7-1 オリックス

西武 3-1 ソフトバンク

ロッテ 3-3 楽天