野球

【プロ野球】11月6日|ヤクルト・廣岡2安打2打点、オリックス・宮城がプロ初勝利

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

プロ野球は11月6日、セントラル・リーグ1試合、パシフィック・リーグ2試合の合計3試合が行われた。セントラル・リーグでは、東京ヤクルトスワローズが接戦を制した。パシフィック・リーグでは、オリックス・バファローズが逆転勝利を収めた。ここでは6日の試合を振り返る。(画像は時事)

東京ヤクルトスワローズが大技小技を絡め、中日ドラゴンズに競り勝った。塩見泰隆、廣岡大志の一発などで7回までに4点を奪うと、同点の延長10回には廣岡のスクイズで勝負を決めた。中日は引退登板の吉見一起が先発し、打者1人を三振に打ち取り、現役最終登板を終えた。

オリックス・バファローズは高卒ルーキーの活躍で北海道日本ハムファイターズに逆転勝利。投げてはドラフト1位左腕の宮城大弥がプロ初勝利。打ってはドラフト2位の紅林弘太郎が決勝打を放った。

東北楽天ゴールデンイーグルスは埼玉西武ライオンズに快勝。投げては先発の岸孝之が9回2失点、11奪三振完投で7勝目。この日が引退試合となった渡辺直人が2安打を放つなど、有終の美を飾った。

11月6日の試合結果

中日 4-5 ヤクルト

オリックス 4-3 日本ハム

楽天 4-2 西武