野球

【プロ野球】2月28日|巨人・戸郷翔征の好投などで快勝、ヤクルトは小川泰弘が開幕投手に

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

プロ野球は2月28日、各地で春季キャンプが行われた。読売ジャイアンツは横浜DeNAベイスターズとの練習試合に快勝。阪神タイガースは東京ヤクルトスワローズに競り勝った。(画像は時事)

読売ジャイアンツはキャンプ最終日のこの日、沖縄セルラースタジアム那覇で横浜DeNAベイスターズとの練習試合を行い、7-1で大勝を収めた。開幕2戦目の先発が予定されている戸郷翔征が対外試合初登板で、3回2安打無失点の好投。打線は坂本勇人のタイムリーで先制すると、特別ルールの9回裏に陽岱鋼、石川慎吾の2者連続弾で突き放した。

阪神タイガースは、ANA BALL PARK 浦添にて東京ヤクルトスワローズとの練習試合を行い、4-3で競り勝った。初回にドラフト1位ルーキー・佐藤輝明のタイムリーで先制すると、この試合12安打4得点。8回にはドラフト3位の佐藤蓮が対外試合初登板、1回無安打無失点に抑え上々のデビューを飾った。

また、この日は登板がなかったヤクルトの小川泰弘が、自身5度目の開幕投手を務めることが内定。高津臣吾監督が明言した。

多くの球団が本日で春季キャンプを終えたが、広島東洋カープ、北海道日本ハムファイターズの一軍は、明日最終日を迎える。