野球

【プロ野球】4月28日|DeNAが18安打13得点大勝、日本ハム・伊藤がプロ初勝利

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

プロ野球は4月28日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の計6試合が行われた。セントラル・リーグでは、横浜DeNAベイスターズが広島東洋カープに大勝。パシフィック・リーグでは、北海道日本ハムファイターズが福岡ソフトバンクホークスに競り勝ち3連勝とした。ここでは28日の試合を振り返る。(画像は時事)

読売ジャイアンツはスモークの来日初本塁打となるソロ、岡本和真の2試合連続の5号2ラン、丸佳浩の1号ソロなどで東京ヤクルトスワローズに快勝。先発の髙橋優貴は7回3失点で自身5連勝とした。

中日ドラゴンズは終盤、福田永将、ビシエドの一発で阪神タイガースを突き放し、2連勝。7回途中無失点の先発・勝野昌慶は今シーズン3勝目を手にした。

3連敗中の横浜DeNAベイスターズは、序盤から打線がつながり広島東洋カープに大勝し、連敗をストップ。オースティンの2号2ラン、桑原将志の1号ソロを含む18安打13得点と打線がつながった。

埼玉西武ライオンズは2-2で迎えた8回、ベテラン・栗山巧の今季1号弾で勝ち越しに成功し、千葉ロッテマリーンズに競り勝った。先発の今井達也は7回2失点と好投し、2番手の平良海馬が今季初勝利を手にした。

オリックス・バファローズ対東北楽天ゴールデンイーグルスの試合は、両者無得点のまま引き分けとなった。オリックスの先発・山本由伸は9回3安打無失点、楽天の先発・則本昂大は8回2安打無失点と両先発が好投し、得点を許さなかった。

北海道日本ハムファイターズは先発の伊藤大海が6回無失点の好投を見せ、プロ初勝利をマーク。打線は近藤健介の5号2ランなどで4得点し、福岡ソフトバンクホークスに競り勝った。

4月28日の試合結果

ヤクルト3-7巨人

中日6-1阪神

広島2-13DeNA

西武3-2ロッテ

オリックス0-0楽天

ソフトバンク3-4日本ハム