【プロ野球】6月26日の試合結果|鈴木誠也が2打席連発で5号HR、オリックス山岡泰輔は脇腹違和感により3球で降板

プロ野球は6月26日、開幕3カード目の初戦となる6試合を開催。各球団の開幕投手が2度目の登板を迎えた。広島カープは鈴木誠也の2本塁打で完勝。千葉ロッテマリーンズは連勝を6に伸ばし、単独首位を守った。ここでは26日に開催されたプロ野球6試合を振り返る。

2打席連続HRの鈴木誠也/時事
2打席連続HRの鈴木誠也/時事2打席連続HRの鈴木誠也/時事

読売ジャイアンツ対ヤクルトスワローズのTOKYOシリーズ”は2回表、巨人が陽岱鋼のソロHRで先制。先発の菅野智之は立ち上がりから危なげない投球を続けるが、6回に突如崩れる。山田哲人に本塁打を浴びるなど、この回に5失点を喫し降板。巨人はヤクルトに逆転を許したが7回、8回に得点を重ね、1点差に迫ると9回表、代打・重信慎之介の1号2ランで再逆転。9回裏は守護神デラロサが締め、巨人が6-5で勝利を収めた。

広島カープは、4番・鈴木誠也のソロホームランなどで中日ドラゴンズから2回に2点先制すると、4回にも鈴木にホームランが飛び出しリードを広げた。鈴木は開幕7試合目で早くも5号、4-1で広島が勝利。大瀬良大地は完投で今季2勝目を挙げた。中日は4連敗となった。

DeNAベイスターズ対阪神タイガースは、今永昇太と西勇輝の両先発が初回から無失点ピッチング。均衡が破れたのは5回裏、宮﨑敏郎のソロホームランでDeNAが先制する。DeNAはその後、阪神先発の西が降板した後の8回裏に、オースティンの2ランホームランなどで突き放し勝負を決めた。DeNAは5連勝、阪神は3連敗で開幕1勝6敗と苦しい状況に立たされた。

北海道日本ハムファイターズ対東北楽天ゴールデンイーグルスの試合は初回、楽天が今季FAで加入した鈴木大地の内野安打で先制。直後の2回表日本ハムが同点に追いつくが、その裏にロメロのソロホームランで楽天が再び勝ち越した。その後も楽天が効果的に追加点を挙げ、7-1で勝利した。

西武ライオンズ対ソフトバンクホークスは初回、山川穂高の2ランホームランで西武が先制する。その後両者1点ずつ加え、西武2点リードで迎えた7回表、栗原陵矢、柳田悠岐のタイムリーでソフトバンクが逆転した。しかし8回裏、木村文紀のグランドスラムで西武が再逆転に成功。最終回は増田達至が締め、西武が7-4でシーソーゲームを制した。

千葉ロッテマリーンズ対オリックスバファローズは初回、ジョーンズの2ランホームランでオリックスが先制するがその裏、先発・山岡泰輔がわずか3球で脇腹の違和感により降板。思わぬアクシデントに見舞われた。オリックスは継投で逃げ切りを図るが、8回裏ロッテに藤岡裕大のタイムリーツーベースヒットなどで逆転を許し敗戦。オリックスは4連敗、ロッテは連勝を6に伸ばし単独首位を守った。2番手の小野郁がプロ初勝利をマークした。

6月26日(金)の試合結果

ヤクルト 5-6 巨人

中日 1-4 広島

DeNA 6-0 阪神

楽天 7-1 日本ハム

西武 7-4 ソフトバンク

ロッテ 6-5 オリックス

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!