【プロ野球】6月30日の試合結果|楽天15点猛攻でロッテに大勝、巨人は逆転勝利で首位キープ

セントラルリーグ、パシフィックリーグともに首位と2位の対戦が組まれた6月30日の試合。セは首位の読売ジャイアンツが横浜DeNAベイスターズに逆転勝利。パは、2位・東北楽天ゴールデンイーグルスが15点を奪う猛攻を見せ、8連勝中だった首位・千葉ロッテマリーンズに土を付けた。

楽天はロメロの3号3ランでダメ押し/時事
楽天はロメロの3号3ランでダメ押し/時事楽天はロメロの3号3ランでダメ押し/時事

巨人の先発・戸郷翔征は立ち上がりを攻められ、初回に2点を献上する。しかし2回以降は好投を見せ、味方の援護を待つ。巨人は6回裏、岡本和真とパーラの適時打で逆転、白星をつかんだ。7回途中まで登板した戸郷は2勝目、デラロサが4セーブ目を記録。DeNAは2回以降の攻撃が奮わなかった。

中日ドラゴンズは6回に1点を先制すると、7回にアルモンテの1号グランドスラムが飛び出し、阪神タイガースを突き放す。中日は柳裕也、ライデル・マルティネス、岡田俊哉の3人で完封リレー。8敗目を喫した阪神は、借金6となった。

明治神宮球場で予定されていた東京ヤクルトスワローズと広島東洋カープの試合は雨天中止。試合中止は両リーグを通じ、今季公式戦初となった。広島は試合がなかったものの、勝率がDeNAを上回り、2位に浮上している。

8連勝中と波に乗るロッテは初回、清田育宏の2号2ランでさい先よいスタートを切る。しかし2回裏、先発の二木康太が楽天打線に捕まる。島内宏明、銀次のタイムリーヒットで同点とされると、内野ゴロの間に1失点。辰己涼介に適時打を浴びると、さらにピンチを広げて降板。ロッテは2番手・中村稔弥にスイッチするも、その中村が鈴木大地に1号3ランを打たれ、この回だけ7失点を喫する。その後も楽天は浅村栄斗の4号2ラン、ロメロの6号3ランなどでダメ押し。15-4で大勝を収めた。

埼玉西武ライオンズは4回裏、栗山巧の適時打で2点を先制。6回には内野ゴロの間に1点を追加する。オリックス・バファローズは7回、ロドリゲスの1号2ランで1点差に迫るも、反撃もここまで。西武は髙橋光成が2勝目、増田達至が4セーブ目を挙げた。今季1勝のオリックスは7連敗となった。

福岡ソフトバンクホークスは3回表、今宮健太の犠牲フライで先制。北海道日本ハムファイターズは4回、近藤健介のタイムリーツーベースで同点とする。その後は、両チームとも中継ぎ陣が無失点リレー。規定により10回引き分けとなった。

6月30日(火)の試合結果

巨人 5-2 DeNA

ヤクルト(雨天中止)広島 

中日 5-0 阪神

日本ハム 1-1 ソフトバンク

楽天 15-4 ロッテ

西武 3-2 オリックス

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!