野球

【プロ野球】8月10日|広島・九里が好投し快勝、国吉が投打に活躍しDeNAが3連勝

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

プロ野球は8月10日、セントラル・リーグ2試合が行われた。横浜DeNAベイスターズは阪神タイガースとの接戦を制し、3連勝。広島東洋カープは中日ドラゴンズに快勝を収め、4位とのゲーム差を0とした。ここでは10日の試合を振り返る。

広島東洋カープ・九里亜蓮/時事

横浜DeNAベイスターズは1点を追う2回、大和のタイムリーで同点に追いつく。すると4回には、国吉佑樹の2点タイムリーが飛び出し勝ち越しに成功。その後も佐野恵太の8号ソロなどで得点を重ねたDeNAが、阪神タイガースに逆転勝利を収めた。

広島東洋カープは初回、松山竜平のタイムリーで先制すると、3回には長野久義のタイムリーで1点を追加。2点差とされた8回には、代打・坂倉将吾のタイムリーなどで3点を挙げ、中日ドラゴンズを突き放した。7回1失点の九里亜蓮が今季2勝目を手にしている。

8月10日の試合結果

DeNA 6-4 阪神

広島 6-1 中日