野球

【プロ野球】8月11日|阪神・ガルシア好投で今季初勝利、ソフトバンクが柳田の2発で逆転勝利

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

プロ野球は8月11日、セントラル・リーグ2試合、パシフィック・リーグ3試合の合計5試合が行われた。セントラル・リーグでは、阪神タイガースがガルシアの好投で横浜DeNAベイスターズに大勝。パシフィック・リーグでは、福岡ソフトバンクホークスがオリックス・バファローズとの打撃戦を制し、首位をキープしている。ここでは11日の試合を振り返る。

福岡ソフトバンクホークス・柳田悠岐/時事

4位の阪神タイガースが、終盤の猛攻で2位の横浜DeNAベイスターズに大勝。同点で迎えた6回、サンズと梅野隆太郎のタイムリーで勝ち越すと、7回にも1点、9回には5点を追加し、DeNAを突き放した。先発のガルシアは7回1失点の好投で今シーズン初勝利。

6位・中日ドラゴンズ対5位・広島東洋カープの一戦は、中日打線が爆発し、大勝を収めた。4回に高橋周平の4号2ランで先制すると、8回には郡司裕也がプロ初打点となる2点タイムリーを放ち、9回にはビシエドの2点タイムリーで突き放した。根尾昂にもプロ初ヒットが出るなど、中日が投打で広島を圧倒した。

東北楽天ゴールデンイーグルスは1点ビハインドの6回、小深田大翔のタイムリーで逆転に成功。小深田は9回にもタイムリーを放つなど、2安打3打点の活躍でチームを勝利に導いた。埼玉西武ライオンズは3本塁打を放ったが、空砲となり5連敗。

千葉ロッテマリーンズは、4連勝中の北海道日本ハムファイターズに逆転勝ち。1点を追う5回に、マーティンの4戦連発となる12号3ランが飛び出し、逆転に成功。このリードを守り切り、4連勝としている。

福岡ソフトバンクホークスが中村晃の2号2ラン、柳田悠岐の13号2ラン、14号3ランでオリックス・バファローズに逆転勝利。オリックスはT-岡田の6号満塁弾で一時はリードしたが、投手陣が踏ん張り切れなかった。

8月11日の試合結果

DeNA 2-9 阪神

広島 1-8 中日

西武 5-7 楽天

ロッテ 3-1 日本ハム

ソフトバンク 8-7 オリックス