野球

【プロ野球】8月12日|日本ハム・中田が2発6打点の活躍、巨人・菅野と楽天・涌井が負けなしの7連勝

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

プロ野球は8月12日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の合計6試合が行われた。セントラル・リーグでは、読売ジャイアンツの菅野智之が負けなしの7連勝をマーク。パシフィック・リーグでは、北海道日本ハムファイターズが中田翔の活躍で大勝を収めた。ここでは12日の試合を振り返る。

北海道日本ハムファイターズ・中田翔/時事

読売ジャイアンツは1点を追う2回、坂本勇人の8号2ラン、パーラの4号ソロなどで一挙5得点。6回には坂本の9号ソロ、岡本和真の16号ソロが飛び出すなど、一発攻勢で東京ヤクルトスワローズに大勝を収めた。先発の菅野智之は7回1失点で7勝目をマークしている。

阪神タイガースは2点を追う4回、中谷将大の2号3ランで逆転すると、サンズにも8号ソロが飛び出し一挙5得点で、横浜DeNAベイスターズに逆転勝利。先発の青柳晃洋は6回途中4失点(自責3)で今シーズン5勝目を挙げ、3位に浮上した。

6位の中日ドラゴンズが、5位の広島東洋カープに快勝。先発の柳裕也が8回途中1失点の好投を見せると、打線も井領雅貴のタイムリーなどで中盤に4得点。広島とのゲーム差を0.5としている。

東北楽天ゴールデンイーグルスは、先発の涌井秀章が7回途中2失点の好投を見せ、負けなしの7連勝。打っては涌井とバッテリーを組んだ太田光が2安打3打点の活躍を見せ、埼玉西武ライオンズに快勝。

北海道日本ハムファイターズが終始試合をリードし、千葉ロッテマリーンズに大勝。主砲の中田翔は14号2ラン、15号3ランを放つなど、3安打6打点の大暴れを見せ、本塁打・打点の二冠に立った。

福岡ソフトバンクホークスは投打がかみ合い、オリックス・バファローズに完勝。先発の和田毅が7回途中3安打無失点の好投を見せると、打線も中盤以降に6点を挙げ、援護した。3安打を放った柳田悠岐は、打率.391まで上昇している。

8月12日の試合結果

巨人 8-1 ヤクルト

DeNA 6-7 阪神

広島 1-4 中日

西武 2-6 楽天

ロッテ 4-12 日本ハム

ソフトバンク 6-0 オリックス