野球

【プロ野球】8月14日|広島・森下が初完封、ソフトバンク・柳田の決勝弾で単独首位

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

プロ野球は8月14日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の合計6試合が行われた。セントラル・リーグでは、広島東洋カープの森下暢仁が、阪神タイガースに完封勝利。パシフィック・リーグでは、5連勝の福岡ソフトバンクホークスが単独首位に立った。ここでは14日の試合を振り返る。

広島東洋カープ・森下暢仁/時事

終始試合をリードした読売ジャイアンツが、中日ドラゴンズを下し、3連勝。巨人はウィーラーが5号弾を含む2安打3打点の活躍を見せると、先発の戸郷翔征は6回途中無失点、7奪三振の好投で今季5勝目をマークした。

横浜DeNAベイスターズが東京ヤクルトスワローズに快勝。初回に佐野恵太のタイムリーで先制したDeNAは、2回にも1点を追加。終盤にも4点を追加してヤクルトを突き放した。6回途中1失点の大貫晋一が自身5連勝。

広島東洋カープが阪神タイガースに完勝。広島は初回、鈴木誠也、松山竜平のタイムリーで3点を先制すると、中盤にも追加点を挙げ、阪神を突き放した。先発の森下暢仁は9回無失点、12奪三振完封で4勝目を手にした。森下は阪神の先発全員から三振を奪う快挙も達成。

福岡ソフトバンクホークスは1対1の同点で迎えた8回、柳田悠岐の8号決勝3ランが飛び出しオリックス・バファローズに快勝。5連勝とし、パシフィック・リーグ単独首位に立った。

埼玉西武ライオンズが東北楽天ゴールデンイーグルスとの打撃戦を制し、連敗を7でストップ。西武は先発全員が打点を記録するなど、16安打13得点で楽天に打ち勝った。

千葉ロッテマリーンズが序盤の猛攻で、北海道日本ハムファイターズに大勝した。初回に5点を挙げたロッテは、3回にも田村龍弘の3ラン、安田尚憲の3点タイムリーで一挙6得点。連勝で2位・楽天とのゲーム差を1としている。

14日の試合結果

巨人 6-1 中日

DeNA 6-2 ヤクルト

阪神 0-6 広島

ソフトバンク 4-1 オリックス

西武 13-8 楽天

ロッテ 12-5 日本ハム