野球

【プロ野球】8月16日|中日・大野が3戦連続完投、ソフトバンク・石川が負けなしの5連勝

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

プロ野球は8月16日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の合計6試合が行われた。セントラル・リーグでは、中日ドラゴンズが大野雄大の完投で読売ジャイアンツに勝ち越し。パシフィック・リーグでは、福岡ソフトバンクホークスがオリックス・バファローズとの6連戦を5勝1敗で終えた。ここでは16日の試合を振り返る。

中日ドラゴンズ・大野雄大/時事

中日ドラゴンズはエース・大野雄大が3試合連続完投で自身3連勝。読売ジャイアンツを相手に9回1失点、被安打2、与四球1、奪三振10の好投を見せ、敵地・東京ドームでカード勝ち越しを決めた。中日は3カード連続での勝ち越しとなった。

東京ヤクルトスワローズは同点の3回、青木宣親の日米通算150号となる8号ソロで勝ち越すと、4回には一挙4得点。先発の山中浩史が5回2失点と好投し、2年ぶりの白星となる勝利を横浜DeNAベイスターズからあげた。

京セラドーム大阪で行われた阪神タイガース対広島東洋カープの一戦は2対2の引き分けに終わった。阪神は初回、ボーアのタイムリーなどで2点を先制。しかし広島が終盤に松山竜平のタイムリーなどで追いつき、そのまま引き分けに持ち込んだ。

福岡ソフトバンクホークスは、4番に座る栗原陵矢の2安打2打点、不動のトップバッター・今宮健太の2安打2打点などで得点を重ね、先発石川柊太が負けなしの5連勝で、オリックス・バファローズに快勝。6連戦を5勝1敗と大きく勝ち越した。

千葉ロッテマリーンズは、プロ初スタメンの和田康士朗が3安打3得点3盗塁の活躍。井上晴哉も2安打3打点と活躍し、北海道日本ハムファイターズとの接戦をモノにした。

埼玉西武ライオンズは、東北楽天ゴールデンイーグルスに大勝。山川穂高が15号弾含む2安打2打点、栗山巧が6号弾含む3安打3打点と活躍を見せると、新人の柘植世那、3年目の西川愛也がプロ初安打を放つなど、若手と主力が躍動を見せた。

8月16日の試合結果

巨人 1-4 中日

DeNA 4-7 ヤクルト

阪神 2-2 広島

ソフトバンク 6-2 オリックス

ロッテ 6-5 日本ハム

西武 11-1 楽天