野球

【プロ野球】8月20日|ヤクルトがベテランの活躍で逆転勝ち、ロッテはサヨナラで同率首位

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

プロ野球は8月20日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の合計6試合が行われた。セントラル・リーグでは、東京ヤクルトスワローズが中日ドラゴンズに逆転勝利で3位に浮上。パシフィック・リーグでは、千葉ロッテマリーンズがサヨナラ勝ちで同率首位に浮上した。ここでは20日の試合を振り返る。

東京ヤクルトスワローズ・青木宣親/時事

読売ジャイアンツは、先発の戸郷翔征が7回途中無失点、11奪三振の好投を見せ、今シーズン6勝目。打っては坂本勇人が全2打点をあげる活躍を見せた。巨人は阪神タイガースを相手に3戦連続完封勝利。

東京ヤクルトスワローズは2点を追う4回、坂口智隆の3号2ランで同点に追いつくと、5回には青木宣親の8号ソロで逆転し、一挙5得点。ベテラン勢の一発で中日ドラゴンズに逆転勝利を収め、3位に浮上した。

横浜DeNAベイスターズは嶺井博希が攻守に存在感を示し、広島東洋カープに連勝。打線はソトが9号3ランを含む3安打を放てば、先発のピープルズが5回1失点で来日初勝利をあげた。

札幌ドームで行われた北海道日本ハムファイターズ対東北楽天ゴールデンイーグルスの一戦は、土壇場で島内宏明の5号3ランで追いついた楽天が引き分けに持ち込んだ。日本ハムは勝利目前で悔やまれる一発となってしまった。

千葉ロッテマリーンズ対福岡ソフトバンクホークスの一戦は2対2の同点で延長戦に突入。10回表にソフトバンクが2点を勝ち越すも、その裏ロッテはマーティンの14号2ランで追いつき、最後はワイルドピッチでサヨナラ勝ちを決めた。ロッテは同率首位に浮上。

埼玉西武ライオンズは初回から得点を重ね、6回までに5点をリード。吉田正尚のタイムリーなどで追い上げられたが、源田壮亮の4安打目となるタイムリーでオリックス・バファローズを突き放した。西武は7連敗のあと5連勝。

8月20日の試合結果

巨人 2-0 阪神

ヤクルト 7-3 中日

広島 1-10 DeNA

日本ハム 3-3 楽天

ロッテ 5-4 ソフトバンク

オリックス 4-6 西武