野球

【プロ野球】8月21日|阪神・藤浪が2年ぶり白星、ロッテが4連勝で単独首位

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

プロ野球は8月21日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の合計6試合が行われた。セントラル・リーグでは阪神タイガースの藤浪晋太郎が2年ぶりの白星。パシフィック・リーグでは、4連勝を決めた千葉ロッテマリーンズが単独首位に立った。ここでは21日の試合を振り返る。

千葉ロッテマリーンズ・石川歩/時事

3戦連続完封負けを喫した阪神タイガースは、序盤から打線が奮起。藤浪晋太郎の先制打に始まり10安打7得点。藤浪は投げても7回途中自責点2の好投で、2年ぶりの白星をあげ、東京ヤクルトスワローズに快勝。

中日ドラゴンズは、大島洋平の2本のタイムリーなどで横浜DeNAベイスターズに競り勝った。先発の松葉貴大が7回1失点の好投を見せると、2番手の福敬登が1回無失点に抑え今季4勝目。DeNAは石田健大が初黒星。

広島東洋カープは先発の森下暢仁が、8回1失点の好投で今シーズン5勝目を手にした。打っては坂倉将吾が3ランを放つなど、攻守で森下を盛り立てた。読売ジャイアンツは、最終回に4点をあげ意地を見せたが、連勝は3でストップ。

東北楽天ゴールデンイーグルス対北海道日本ハムファイターズの一戦は5回まで両軍無得点の展開。浅村栄斗の16号2ランなどで4点をあげた楽天が接戦をモノにした。9回途中1失点の好投を見せた則本昂大が4勝目を手にした。

千葉ロッテマリーンズは、3回以降毎回得点をあげ、福岡ソフトバンクホークスに快勝。先発の石川歩は7回3失点の好投で4勝目をマーク。引き分けを挟み4連勝のロッテが、ソフトバンクを抜き単独首位に立った。

4連敗中のオリックス・バファローズは1点を追う7回、ジョーンズの6号ソロで追いつくと、8回にもジョーンズの2点タイムリーが飛び出し、埼玉西武ライオンズに逆転勝利。ジョーンズが全3打点をあげる活躍で連敗をストップした。

8月21日の試合結果

ヤクルト 4-7 阪神

中日 3-1 DeNA

広島 7-5 巨人

日本ハム 1-4 楽天

ロッテ 7-3 ソフトバンク

オリックス 3-1 西武