野球

【プロ野球】8月22日|広島・大瀬良が5勝目、ソフトバンク・柳田の3打点で首位に返り咲く

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

プロ野球は8月22日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の合計6試合が行われた。セントラル・リーグでは最下位の広島東洋カープが首位・読売ジャイアンツに大勝。パシフィック・リーグでは、福岡ソフトバンクホークスが連敗を止め、首位に返り咲いた。ここでは22日の試合を振り返る。

広島東洋カープ・大瀬良大地/時事

中日ドラゴンズは投打が噛み合い、横浜DeNAベイスターズに連勝。先発のロドリゲスは6回2安打無失点の好投で今季2勝目をあげると、打線も高橋周平の3安打3打点など、12安打5得点と応えた。

阪神タイガースは初回、大山悠輔の12号3ランで先制すると、中盤にも追加点をあげ、大量7点をリード。投げては先発の西勇輝が7回1失点の好投で今シーズン4勝目をあげた。

広島東洋カープが読売ジャイアンツに大勝。広島は同点の3回、3安打に6四球を選び、一挙6得点。4回には堂林翔太、會澤翼のホームランで突き放した。先発の大瀬良大地は8回2失点で5勝目をマーク。

連敗中の北海道日本ハムファイターズは、東北楽天ゴールデンイーグルスに5対1で快勝。有原航平が7回1失点と好投し3勝目をあげれば、中田翔は20号弾を含む2安打3打点の活躍を見せた。エースと主砲の活躍で日本ハムが連敗ストップ。

オリックス・バファローズは2試合続けてジョーンズが活躍を見せ、埼玉西武ライオンズに連勝。ジョーンズは先制の7号3ランに8号ソロと、2安打4打点の活躍。先発の張奕は、5回無失点で今シーズン初勝利を手にした。

3連敗で首位から陥落していた福岡ソフトバンクホークスは、千葉ロッテマリーンズに勝利し、同率首位に返り咲いた。4回に柳田悠岐の17号2ランで先制、8回には柳田が勝ち越し打を放ち、接戦を制した。

8月22日の試合結果

中日 5-0 DeNA

ヤクルト 5-7 阪神

広島 10-4 巨人

日本ハム 5-1 楽天

オリックス 5-2 西武

ロッテ 2-3 ソフトバンク