野球

【プロ野球】8月23日|中日・大野が完封で4連勝、ソフトバンク・石川が6連勝

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

プロ野球は8月23日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の合計6試合が行われた。セントラル・リーグでは、中日ドラゴンズが大野雄大の完封で3連勝。パシフィック・リーグでは、投打が噛み合った福岡ソフトバンクホークスが単独首位に立った。ここでは23日の試合を振り返る。

福岡ソフトバンクホークス・石川柊太/時事

中日ドラゴンズが大野雄大の好投で、横浜DeNAベイスターズに3連勝。大野は9回5安打無失点に抑え、今季初の完封勝利。これで4試合連続完投勝利をあげ、自身4連勝。2位・DeNAとのゲーム差を1とした。

2連敗中の東京ヤクルトスワローズだったが、先発の小川泰弘が投げては7回2失点の好投、打っては先制タイムリーを放つなど投打で活躍を見せ、今シーズン6勝目を手にした。

広島東洋カープは鈴木誠也の13号、坂倉将吾の2号であげた2点で、読売ジャイアンツに競り勝った。先発の遠藤淳志は勝ち星こそつかなかったものの、7回1失点の好投を披露。同一カード3連勝とした。

オリックス・バファローズは2点を追う6回、杉本裕太郎のタイムリーで同点とすると、8回にジョーンズの3試合連発となる9号ソロなどで勝ち越しに成功。5番手の吉田凌が今季2勝目をあげ、プロ初登板の漆原大晟が初セーブを手にした。

北海道日本ハムファイターズは、清宮幸太郎が4号3ランを含む3安打4打点の活躍を見せ、14安打11得点の猛攻。投げてはバーヘイゲンが6回無失点の好投を見せるなど、東北楽天ゴールデンイーグルスに完封勝利。日本ハムが連勝で貯金1とした。

福岡ソフトバンクホークスが柳田悠岐の18号、松田宣浩の5号、栗原陵矢の9号と3本の2ランで6得点。先発の石川柊太は6回1失点(自責0)の好投を見せ自身6連勝と、投打が噛み合い単独首位に立った。

8月23日の試合結果

中日 3-0 DeNA

ヤクルト 4-2 阪神

広島 2-1 巨人

オリックス 6-5 西武

日本ハム 11-0 楽天

ロッテ 4-6 ソフトバンク