野球

【プロ野球】8月25日|巨人・菅野が投打に活躍で9勝目、ロッテ・美馬が古巣相手に初勝利

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

プロ野球は8月25日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の合計6試合が行われた。セントラル・リーグでは読売ジャイアンツの菅野智之が開幕9連勝。パシフィック・リーグでは、千葉ロッテマリーンズの美馬学が、古巣・東北楽天ゴールデンイーグルス相手に初勝利をあげた。ここでは25日の試合を振り返る。

千葉ロッテマリーンズ・美馬学/時事

読売ジャイアンツは、先発の菅野智之が投打に活躍を見せ、東京ヤクルトスワローズに快勝。菅野は投げては7回2失点の好投で9勝目をマーク、打っては満塁の走者一掃のタイムリーを放った。巨人は18安打と打線が奮起し、連敗をストップ。

3連敗中の横浜DeNAベイスターズが、広島東洋カープに劇的サヨナラ勝利。3点を先制するも、中盤に追いつかれたDeNA。しかし最終回、大和のタイムリーで勝負を決めた。6番手の三嶋一輝が今シーズン初勝利。

阪神タイガースは、逆転で中日ドラゴンズに勝利。1点を追う3回にサンズのタイムリーで勝ち越すと、先発の髙橋遥人が8回1失点の好投を見せ、今シーズン2勝目。中日は連勝が3でストップ。

千葉ロッテマリーンズ対東北楽天ゴールデンイーグルスの一戦は、ロッテが逆転勝利。井上晴哉、福田秀平がそれぞれ2本のタイムリーを放つなど、打線が11安打8得点と活発だった。先発の美馬学は6回4失点で古巣相手に初勝利をあげた。

北海道日本ハムファイターズは埼玉西武ライオンズに競り勝った。初回に渡邉諒のタイムリーで先制すると、その後も加点し終始試合をリードした。投げては先発の上沢直之が6回2失点で4勝目をマークした。

千賀滉大と山本由伸の投げ合いとなった一戦は、福岡ソフトバンクホークスが完勝で3連勝。7回無失点の千賀に対し、山本も6回2失点と好投を見せたが、打線の援護に恵まれなかった。オリックス・バファローズは連勝が3で止まった。

8月25日の試合結果

ヤクルト 4-8 巨人

DeNA 5-4 広島

阪神 5-1 中日

楽天 4-8 ロッテ

西武 3-4 日本ハム

ソフトバンク 4-0 オリックス