野球

【プロ野球】8月26日|阪神・ボーアが2発3打点、日本ハムが4連勝で同率3位

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

プロ野球は8月26日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の合計6試合が行われた。セントラル・リーグでは、阪神タイガースが3本塁打で中日ドラゴンズに大勝。パシフィック・リーグでは、北海道日本ハムファイターズが4連勝で同率3位に浮上した。ここでは26日の試合を振り返る。

阪神タイガース・ボーア/時事

読売ジャイアンツは、序盤から打線が機能し、20安打12得点をあげて東京ヤクルトスワローズに大勝。本塁打はウィーラーの7号2ラン1本のみで、打線が良くつながった。ヤクルトは3本塁打を放ったが及ばず、連敗を喫している。

横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズ対広島東洋カープの一戦は、松山竜平が2安打3打点、野村祐輔が8回2失点の好投を見せた広島が快勝。梶谷隆幸の10号2ランによる2点のみにとどまった。

阪神タイガースはボーアが11号ソロ、12号2ラン、陽川尚将が1号3ランを放つなど、11安打11得点。投げては先発のガルシアが6回2失点の好投を見せ、中日ドラゴンズに大勝をおさめた。

千葉ロッテマリーンズ対東北楽天ゴールデンイーグルスの一戦は、藤岡裕大、福田秀平のソロホームランであげた2点でロッテが勝利。先発の小島和哉は7回無失点、11奪三振の好投を見せ、今シーズン4勝目をマークした。

北海道日本ハムファイターズは序盤、ビヤヌエバの3号3ランに、大田泰示、清水優心のタイムリーで7点リード。2点差とされた終盤にも渡邉諒の5号ソロで埼玉西武ライオンズを突き放した。日本ハムは4連勝で楽天と同率3位に浮上した。

福岡ソフトバンクホークスは同点の9回、中村晃のタイムリーでサヨナラ勝ち。オリックス・バファローズは序盤、試合をリードしたが、最後の最後で逆転を許してしまった。ソフトバンクは4連勝。

8月26日の試合結果

ヤクルト 5-12 巨人

DeNA 2-4 広島

阪神 11-3 中日

楽天 0-2 ロッテ

西武 5-8 日本ハム

ソフトバンク 4-3 オリックス