野球

【プロ野球】8月28日|ソフトバンク・栗原が2本塁打、広島・上本がサヨナラ打

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

プロ野球は8月28日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の合計6試合が行われた。セントラル・リーグでは広島東洋カープが上本崇司の一打でサヨナラ勝ち。パシフィック・リーグでは、福岡ソフトバンクホークスが栗原陵矢の2本塁打などで大勝をおさめた。ここでは28日の試合を振り返る。

福岡ソフトバンクホークスが・栗原陵矢/時事

3連勝中の読売ジャイアンツは、3連敗中の中日ドラゴンズと対戦。中盤に巨人がリードを奪ったものの、中日が代打・堂上直倫、阿部寿樹のタイムリーなどで逆転に成功。巨人は中日を上回る9安打を放ったものの、3得点にとどまった。

横浜DeNAベイスターズ対東京ヤクルトスワローズの一戦は、終始試合をリードしたDeNAが快勝。DeNAは1点リードの7回、佐野恵太の10号3ランなどで一挙4得点。先発のピープルズが6回無失点の好投で2勝目をマークした。

広島東洋カープが阪神タイガースに劇的サヨナラ勝ち。序盤に3点をリードした広島だったが、最終回に同点とされてしまう。しかしその裏、上本崇司のサヨナラタイムリーで阪神を下した。

東北楽天ゴールデンイーグルスは1点先制を許した直後、岡島豪郎のタイムリーなどで逆転に成功。投げては先発の則本昂大が6回1失点の好投で今季5勝目。埼玉西武ライオンズに競り勝った。

千葉ロッテマリーンズが一発攻勢でオリックス・バファローズに勝利。中村奨吾の5号先制ソロに始まり、マーティンの15号ソロ、16号3ランと全5得点をホームランであげた。先発の石川歩は6回3失点で今季5勝目。

福岡ソフトバンクホークス対北海道日本ハムファイターズの一戦は、投打が噛み合ったソフトバンクが大勝。栗原陵矢の10号、11号、柳田悠岐の19号などで9得点すれば、先発の武田翔太は7回1失点で今季初勝利を手にした。

8月28日の試合結果

巨人 3-5 中日

DeNA 6-2 ヤクルト

広島 4-3 阪神

楽天 2-1 西武

オリックス 3-5 ロッテ

ソフトバンク 9-1 日本ハム