野球

【プロ野球】8月29日|巨人が今季最多タイ12得点、ソフトバンクが7連勝

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

プロ野球は8月29日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の合計6試合が行われた。セントラル・リーグでは横浜DeNAベイスターズが東京ヤクルトスワローズに大勝。パシフィック・リーグでは、福岡ソフトバンクホークスが7連勝を飾った。ここでは29日の試合を振り返る。

読売ジャイアンツ・ウィーラー/時事

読売ジャイアンツが中日ドラゴンズに大勝。上位から下位まで打線がよくつながり、13安打12得点。投げては先発の今村信貴が7回6安打8奪三振、1失点の好投を見せ、今シーズン2勝目をマークした。

横浜DeNAベイスターズは中盤の逆転劇で、東京ヤクルトスワローズに連勝。佐野恵太が4安打2打点、ソトが2安打4打点の活躍を見せるなど、15安打9得点の快勝だった。ヤクルトは今シーズン2度目の5連敗。

前日同様、最終回までもつれる接戦を制したのは、阪神タイガースだった。2年目の小幡竜平が2安打2打点の活躍。広島東洋カープは先発の大瀬良大地が3回5失点でKOと、大誤算だった。

千葉ロッテマリーンズは、好調のマーティンが連日の決勝弾を放ち、オリックス・バファローズに連勝。先発の二木康太は7回1失点の好投を見せ、今シーズン2勝目を手にした。オリックスは5連敗。

福岡ソフトバンクホークス対北海道日本ハムファイターズの一戦は、ソフトバンクが完封で日本ハムを下した。先発のムーアは来日初勝利。日本ハムは好投の有原航平を援護できなかった。

埼玉西武ライオンズは投打の助っ人が活躍し、東北楽天ゴールデンイーグルスに快勝。打ってはスパンジェンバーグが8号2ランを含む4安打3打点の大暴れ、投げてはノリンが6回3失点で来日初登板初勝利。楽天は連勝が2で止まった。

8月29日の試合結果

巨人 12-3 中日

DeNA 9-3 ヤクルト

広島 5-6 阪神

オリックス 1-5 ロッテ

ソフトバンク 3-0 日本ハム

楽天 3-6 西武