野球

【プロ野球】8月30日|ヤクルト・山田が満塁弾、ソフトバンクが逆転で8連勝

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

プロ野球は8月30日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の合計6試合が行われた。セントラル・リーグでは、東京ヤクルトスワローズが勝利し、連敗を5でストップ。パシフィック・リーグでは、福岡ソフトバンクホークスが連勝を8に伸ばした。ここでは30日の結果を振り返る。

東京ヤクルトスワローズ・山田哲人/時事

読売ジャイアンツは初回、丸佳浩のタイムリーなどで3点を先制。中盤、中日ドラゴンズに1点差に詰め寄られるも、投手陣が踏ん張り逃げ切った。2番手の大江竜聖が2勝目をマークした。

東京ヤクルトスワローズは初回、雄平の犠飛で先制すると、2回には山田哲人の6号満塁弾でリードを広げた。投げては先発の小川泰弘が7回2失点の好投で、今シーズン7勝目。横浜DeNAベイスターズに快勝し、連敗を5で止めた。

阪神タイガースは3対3の同点で迎えた延長10回、大山悠輔の2点タイムリーで勝ち越し、広島東洋カープに連勝。4番手の岩貞祐太が、今季4勝目をマークした。

オリックス・バファローズは苦手の千葉ロッテマリーンズに完勝。打ってはジョーンズが10号3ラン、投げては先発・アルバースが7回無失点と、助っ人が投打で活躍を見せ、連敗を5で止めた。

福岡ソフトバンクホークスが北海道日本ハムファイターズに逆転勝利。初回にいきなり4点を失ったが、柳田悠岐の20号2ラン、中村晃の4号2ランなどで逆転に成功。ソフトバンクは連勝を8に伸ばした。

埼玉西武ライオンズは土壇場で試合をひっくり返し、東北楽天ゴールデンイーグルスに勝利。1点を追う9回、メヒアの7号逆転3ランが飛び出し、連勝を収めた。楽天は抑えのブセニッツが誤算だった。

8月30日の試合結果

巨人 3-2 中日

DeNA 4-6 ヤクルト

広島 3-5 阪神

オリックス 5-0 ロッテ

ソフトバンク 8-5 日本ハム

楽天 2-3 西武