野球

【プロ野球】8月4日|巨人・菅野が6勝目、楽天・津留崎がプロ初勝利

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

プロ野球は8月4日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の合計6試合が行われた。セントラル・リーグでは読売ジャイアンツが阪神タイガースとの伝統の一戦に勝利。パシフィック・リーグでは、東北楽天ゴールデンイーグルスが首位の福岡ソフトバンクホークスに勝利し、1ゲーム差に迫っている。ここでは4日の試合を振り返る。

読売ジャイアンツ・菅野智之/時事

広島東洋カープは3点を追う7回、長野久義の1号3ランで同点に追いつくと、8回には田中広輔の3号3ランが飛び出し逆転に成功。序盤にリードした東京ヤクルトスワローズだったが、救援陣が踏ん張り切れず、逆転負けを喫した。

横浜DeNAベイスターズが中日ドラゴンズに完封勝利。先発の井納翔一が7回無失点の好投を見せると、あとを受けた石田健大、三嶋一輝が無失点リレーで中日打線をシャットアウト。2位のヤクルトにゲーム差なしの3位としている。

読売ジャイアンツは終始試合をリードし、阪神タイガースとの伝統の一戦を快勝。打線は序盤から着実に得点を挙げ、投げては菅野智之が7回2失点の好投を見せ、早くも今季6勝目とした。

北海道日本ハムファイターズが埼玉西武ライオンズとの直接対決を制し、4位に浮上した。日本ハムは大田泰示が2本塁打を放つなど、2安打6打点の大暴れ。先発の上沢直之は6回途中4失点も、大量点に守られ2勝目を挙げた。

東北楽天ゴールデンイーグルスは2点を追う8回、ブラッシュのタイムリーに、浅村栄斗の14号2ランで逆転に成功。8回の1イニングを無失点に抑えたルーキーの津留崎大成が、プロ初勝利を挙げた。

オリックス・バファローズは1点を追う9回、吉田正尚のタイムリーで追いつき、試合を引き分けに持ち込んだ。千葉ロッテマリーンズは序盤にリードしたものの、抑えの益田直也が同点打を許してしまった。

8月4日の試合結果

ヤクルト 3-6 広島

DeNA 3-0 中日

阪神 2-7 巨人

日本ハム 11-4 西武

楽天 7‐6 ソフトバンク

オリックス 5-5 ロッテ