野球

【プロ野球】8月6日|阪神・髙橋が7回無失点11K、ソフトバンク・板東がプロ初勝利

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

プロ野球は8月6日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の合計6試合が行われた。セントラル・リーグでは阪神タイガースが読売ジャイアンツに大勝。パシフィック・リーグでは、福岡ソフトバンクホークスが東北楽天ゴールデンイーグルスに勝利し、単独首位に返り咲いた。ここでは6日の試合を振り返る。

阪神タイガース・髙橋遥人/時事

東京ヤクルトスワローズが広島東洋カープとの打撃戦を制し、貯金を1とした。5対5と追いつかれた7回、廣岡大志の犠飛などで3点を勝ち越すと、8回にも1点を追加し、逃げ切った。

横浜DeNAベイスターズが中日ドラゴンズに完封勝利で3連勝。先発の大貫晋一が7回無失点と好投すると、あとを受けた石田健大、三嶋一輝も無失点で抑え、中日に付け入る隙を与えなかった。大貫は自身4連勝。

甲子園で行われた阪神タイガース対読売ジャイアンツの伝統の一戦は、阪神が意地を見せ、3連敗を回避。先発の髙橋遥人が7回無失点、11奪三振と好投すると、打線もそれに応え9安打11得点を奪い大勝を収めた。

北海道日本ハムファイターズが序盤のリードを守り、埼玉西武ライオンズに勝利。初回に中田翔、大田泰示のタイムリーで3点を先制すると、先発の河野竜生が5回2失点と試合を作り、リリーフ陣も好投を見せ、勝利。河野は今季2勝目。

同率首位対決となった福岡ソフトバンクホークス対東北楽天ゴールデンイーグルスの一戦は、同点の4回に明石健志のタイムリーで勝ち越したソフトバンクが逆転勝利。2番手の板東湧梧がプロ初勝利を手にした。

序盤のリードを守り切ったオリックス・バファローズが、千葉ロッテマリーンズ戦の連敗を7でストップ。5回までに3点リードとすると、先発の山崎福也が6回無失点の好投を見せ、今季2勝目を挙げた。

8月6日の試合結果

ヤクルト 9-5 広島

DeNA 3-0 中日

阪神 11-0 巨人

日本ハム 5-3 西武

楽天 1-3 ソフトバンク

オリックス 3-1 ロッテ