野球

【プロ野球】8月7日|ヤクルト・吉田大喜がプロ初勝利、楽天がロメロの2発で首位タイ

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

プロ野球は8月7日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の合計6試合が行われた。セントラル・リーグでは東京ヤクルトスワローズがルーキー・吉田大喜のプロ初勝利で2位に浮上。パシフィック・リーグでは、東北楽天ゴールデンイーグルスが打ち勝ち、首位に並んだ。ここでは7日の試合を振り返る。

東北楽天ゴールデンイーグルス・ロメロ/時事

2位を争う東京ヤクルトスワローズと横浜DeNAベイスターズの一戦は、ヤクルトが快勝で2位に浮上した。ヤクルトの先発・吉田大喜が6回2失点で、4度目の先発でプロ初勝利を手にした。

最下位の中日ドラゴンズは、エース・大野雄大が2戦連続となる完投勝利で、首位・読売ジャイアンツに大勝。大野は9回1失点、5安打、10奪三振の好投に、打っては先制打を放つなど投打で活躍を見せた。

広島東洋カープ対阪神タイガースの一戦は、11対6で広島が打ち勝った。この日4番に入った松山竜平が3安打4打点の大暴れ、さらに2年目の羽月隆太郎がデビューし、2安打3打点の活躍を見せた。

北海道日本ハムファイターズが埼玉西武ライオンズとの接戦を制し、勝率5割に復帰。4回に近藤健介の2号ソロで先制すると、6回にも近藤のタイムリーでリードを広げた。9回に2点を返されるも、逃げ切り西武に連勝。

東北楽天ゴールデンイーグルスが福岡ソフトバンクホークスに打ち勝ち、首位タイに並んだ。楽天は3点を追う6回、ロメロの12号2ランで1点差に詰め寄ると、7回には小深田大翔の2点タイムリーで逆転。さらにロメロの13号3ランでソフトバンクを突き放し、逆転勝ちを収めた。

千葉ロッテマリーンズが序盤のリードを守り切り、オリックス・バファローズに勝利。先発の石川歩が7回1失点と好投すると、3点差となった9回を益田直也が抑え、ロッテが勝利。益田は今季12セーブ目を挙げ、通算100セーブを達成した。

8月7日の試合結果

ヤクルト 8-2 DeNA

中日 7-1 巨人

広島 11-6 阪神

日本ハム 3-2 西武

楽天 7-4 ソフトバンク

オリックス 3-6 ロッテ