野球

【プロ野球】9月16日|オリ・田嶋がプロ初完封、ヤクルト・宮本が殊勲打

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

プロ野球は9月16日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の合計6試合が行われた。セントラル・リーグでは東京ヤクルトスワローズが終盤の代打攻勢で逆転勝利。パシフィック・リーグでは、オリックス・バファローズが田嶋大樹のプロ初完封で2連勝とした。ここでは16日の試合を振り返る。  (画像は時事)

読売ジャイアンツは中盤の大量得点で、阪神タイガースに勝利。田中俊太が3安打2打点、立岡宗一郎が2安打4打点の活躍を見せ、チームを9連勝に導いた。阪神は終盤に猛攻を見せるも、及ばなかった。

東京ヤクルトスワローズが終盤の代打攻勢で横浜DeNAベイスターズに競り勝った。1点を追う7回、荒木貴裕、宮本丈が二者連続で代打タイムリーを放ち、逆転に成功。NPB復帰後初登板の歳内宏明は、5回2失点で勝敗はつかなかった。

広島東洋カープは13安打9得点と打線がつながり、中日ドラゴンズに快勝。打線が先制、中押し、ダメ押しと効果的に得点すると、先発の野村祐輔は6回途中2失点で5勝目を挙げた。

福岡ソフトバンクホークスは、北海道日本ハムに逆転勝ちを収め、連敗を2でストップ。1点を追う7回に、柳田悠岐の押し出し四球で同点とすると、続くデスパイネの2点タイムリーで勝負を決めた。

序盤のリードを守り切った埼玉西武ライオンズが、千葉ロッテマリーンズに快勝し、3連勝とした。プロ初先発の浜屋将太が6回4安打1失点の好投を見せ、プロ初勝利をマーク。打線も栗山巧の9号ソロなどで援護した。

オリックス・バファローズは、杉本裕太郎、伏見寅威の2本のソロホームランで挙げた得点と、田嶋大樹のプロ初完封で守り切り、東北楽天ゴールデンイーグルスに勝利。田嶋は9回2安打無失点で今シーズン2勝目をマークした。

9月16日の試合結果

巨人 7-6 阪神

ヤクルト 3-2 DeNA

広島 9-2 中日

日本ハム 4-5 ソフトバンク

西武 3-1 ロッテ

オリックス 2-0 楽天