野球

【プロ野球】9月19日|DeNA・梶田が2本塁打、楽天・浅村が決勝打

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

プロ野球は9月19日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の合計6試合が行われた。セントラル・リーグでは、横浜DeNAベイスターズが一発攻勢で大勝。パシフィック・リーグでは、東北楽天ゴールデンイーグルスが首位の福岡ソフトバンクホークスに快勝を収めた。ここでは19日の試合を振り返る。  (画像は時事)

横浜DeNAベイスターズは一発攻勢で読売ジャイアンツに快勝。打っては梶谷隆幸の13、14号、ソトの16号、佐野恵太の12号などで7得点。先発の濱口遥大は6回途中2安打1失点で5勝目をマークした。

中日ドラゴンズは阿部寿樹の8号決勝3ランで、阪神タイガースに勝利。先発の福谷浩司は7回途中4安打無失点の好投で、今シーズン4勝目をてにした。

広島東洋カープは終盤に逆転し、東京ヤクルトスワローズに競り勝った。1点ビハインドの8回に堂林翔太の13号ソロで追いつくと、延長10回には大盛穂の決勝タイムリーで勝ち越しに成功した。

北海道日本ハムファイターズが千葉ロッテマリーンズとの接戦を制した。初回に中田翔の犠飛で先制すると、6回には大田泰示のタイムリーなどで2得点。先発の有原航平が8回5安打無失点の好投で、今季5勝目を挙げた。

東北楽天ゴールデンイーグルスは、終盤に浅村栄斗の決勝打で勝ち越し、福岡ソフトバンクホークスに快勝。プロ初登板初先発の瀧中瞭太は、勝敗こそつかなかったが6回途中1失点の好投を見せた。

オリックス・バファローズが中盤に得点を重ね、埼玉西武ライオンズに勝利。先発の山崎福也は7回4安打1失点の好投を見せ、今シーズン3勝目を手にした。

9月19日の試合結果

DeNA 7-1 巨人

中日 4-1 阪神

ヤクルト 2-3 広島

日本ハム 3-1 ロッテ

ソフトバンク 1-3 楽天

オリックス 6-3 西武