野球

【プロ野球】9月27日|巨人・戸郷が8勝目、ロッテ・福田が4安打3打点

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

プロ野球は9月27日、セントラル・リーグ3試合、パシフィック・リーグ3試合の合計6試合が行われた。セントラル・リーグでは、読売ジャイアンツが勝利し優勝マジックを24とした。パシフィック・リーグでは、千葉ロッテマリーンズが首位攻防戦を2勝1敗と勝ち越した。ここでは27日の試合を振り返る。(画像は時事)

横浜DeNAベイスターズは投打が噛み合い、広島東洋カープに連勝。打っては梶谷隆幸の先頭打者本塁打で先制するなど、7安打で3得点。投げては先発の大貫晋一が7回途中3安打1失点の好投を見せ、今シーズン7勝目を手にした。

読売ジャイアンツが終始試合をリードし、中日ドラゴンズに快勝。巨人は松原聖弥が2本の三塁打を含む3安打1打点の活躍。投げては先発の戸郷翔征が7回4安打無失点の快投で今シーズン8勝目をマークした。

阪神タイガースは終盤の集中打で東京ヤクルトスワローズを突き放し、大勝を収めた。同点の3回に小幡竜平のタイムリーで勝ち越すと、7回には5安打を集め5得点。6回2失点の秋山拓巳が6勝目を挙げた。

埼玉西武ライオンズは3回までに5点を奪い、東北楽天ゴールデンイーグルスに快勝。打ってはメヒアが2安打2打点、投げては先発の松本航が7回4安打2失点で4勝目。投打が噛み合い、カード3連勝とした。

千葉ロッテマリーンズが福岡ソフトバンクホークスとの首位攻防戦を勝ち越した。井上晴哉が2安打4打点、福田秀平が4安打3打点と大当たり。5回4失点の美馬学が8勝目を手にした。

オリックス・バファローズが、北海道日本ハムファイターズに打ち勝った。オリックスは福田周平、T-岡田、吉田正尚、小田裕也の4人が3安打猛打賞を記録するなど、20安打12得点と打線が爆発した。大量の援護に守られた山崎福也が4勝目をマークしている。

9月27日の試合結果

広島 1-3 DeNA

巨人 5-1 中日

ヤクルト 3-9 阪神

西武 6-2 楽天

ロッテ 8-4 ソフトバンク

オリックス 12-8 日本ハム