野球

【プロ野球】9月6日|ヤクルト・小川が8勝目、ロッテ・安田が5号弾で4連勝

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

プロ野球は9月6日、セントラル・リーグ2試合、パシフィック・リーグ3試合の合計5試合が行われた。セントラル・リーグでは、東京ヤクルトスワローズが連敗を止め最下位脱出。パシフィック・リーグでは、千葉ロッテマリーンズが3連勝で首位と0.5ゲーム差に迫っている。ここでは6日の試合を振り返る。 (画像は時事)

横浜DeNAベイスターズは3試合続けて打線が二桁安打を記録し、広島東洋カープに逆転勝利。宮崎敏郎が11号2ランを含む3安打4打点の大活躍を見せた。先発の京山将弥は今シーズン初勝利。

東京ヤクルトスワローズは中盤の6回、山田哲人、雄平、エスコバーのタイムリーなどで一挙5得点で逆転に成功。その後も追加点をあげ、中日ドラゴンズに逆転勝利。8回1失点の先発・小川泰弘が今シーズン8勝目を挙げた。

甲子園で予定されていた阪神タイガース対読売ジャイアンツの一戦は、降雨のため試合前中止となった。

埼玉西武ライオンズは中盤、岡田雅利の今シーズン初ヒットとなるタイムリーで逆転に成功。先発の松本航は北海道日本ハムファイターズ打線を6回2失点に抑え、今季2勝目を手にした。

オリックス・バファローズが東北楽天ゴールデンイーグルスに逆転勝利を収め、連敗を3でストップ。吉田正尚が10号2ラン、11号3ランを含む3安打5打点の活躍を見せた。飯田優也は移籍後初勝利をマーク。

千葉ロッテマリーンズは5回、安田尚憲の5号2ランなどで4点を挙げ、このリードを守り切り、福岡ソフトバンクホークス勝利。首位攻防戦を3連勝で終え、0.5ゲーム差に迫っている。

9月6日の試合結果

広島 5-8 DeNA

ヤクルト 10-3 中日

阪神 中止 巨人

日本ハム 2-4 西武

楽天 6-9 オリックス

ソフトバンク 2-4 ロッテ