ベルリンマラソンとニューヨークシティマラソンが新型コロナウイルスの影響で中止

2019年ベルリンマラソン(男子)優勝のケネニサ・ベケレ
2019年ベルリンマラソン(男子)優勝のケネニサ・ベケレ2019年ベルリンマラソン(男子)優勝のケネニサ・ベケレ

ベルリンマラソンの主催者は6月24日、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響により2020年の大会開催を中止すると発表した。同日、ニューヨークシティマラソンも中止が発表された。両マラソンはワールドアスレティックス(世界陸連)ゴールドラベルの大会で、ワールドマラソンメジャーズのひとつ。

ベルリンマラソンは9月26日と27日に開催される予定だったが、ドイツ政府が10月24日まで5000人以上が集まるイベントの開催を禁止したことを受け、通常通り開催されないことが検討されていた。また協議の結果、大会を延期して開催することは不可能であると判断し、中止が決まった。大会参加者には、参加料の返金、もしくは2021年大会参加権の付与がされる。

ニューヨークシティマラソンの中止も発表された。同マラソンは11月1日に開催を予定していたが、主催者のニューヨーク・ロードランナーズ(NYRR)はニューヨーク市と協議した結果、新型コロナウイルス感染拡大により大会参加者や関係者の安全を確保できないと判断。大会の中止が決まった。NYRRは参加者に対し参加料の返金、または2021年、2022年、2023年のいずれかの大会への参加を保証するなどの対応をするとしている。

ワールドマラソンメジャーズ

世界の主要マラソン大会をポイント制で行なわれる陸上競技シリーズで、2006年にボストンマラソン、ロンドンマラソン、ベルリンマラソン、シカゴマラソン、ニューヨークシティマラソンの五大マラソンで構成され始まった。現在は東京マラソンが加わり、オリンピック、世界選手権開催年は全7大会で実施される。

2020年は、新型コロナウイルスの影響を受け、各大会で中止や延期が相次いでいる。ボストンマラソンは5月28日に中止が発表された。同マラソンが中止となるのは1897年の創設以来初めて。シカゴマラソンは現時点では、通常通り開催する予定としている。東京オリンピックは、2021年への延期が既に決まっている。

2020年各大会の開催について

  • 東京マラソン:3月1日開催済
  • ボストンマラソン:中止
  • ロンドンマラソン:10月4日以降に延期
  • オリンピック:2021年に延期
  • 世界陸上選手権:開催なし
  • ベルリンマラソン:中止
  • シカゴマラソン:10月11日に開催予定
  • ニューヨークシティマラソン:中止

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!