ボクシングオリンピック予選 – アンマン | 5日目スケジュール

東京2020オリンピックボクシング予選アンマン大会スケジュール - 5日目

アフリカ予選に続き、アジア/オセアニア予選がヨルダンのアンマンで行われる。

今夏の東京2020オリンピック競技大会への出場63枠を懸け、拳を交えるのは男子41人、女子22人のボクサーたち。

予選5大会の2戦目となるアンマン大会は3月3日から開催される。

Olympic Channelでライブ配信

ボクシングの全試合を、世界中の視聴者にライブでお届け。登録も料金も不要で、Olympic Channelのこちらのページで楽しめる。

ハイライトやフルリプレイも視聴可能。

観戦できない場合は、Olympic Channelのライブブログで全アクションをフォローしよう。

Olympic Channelのソーシャルメディアアカウントを通してコメントや質問を送り、ショーに参加しよう。

試合スケジュール

アンマンでの各試合は午前と午後の2セッションで実施。

ヨルダンの首都で繰り広げられる熱戦の詳細なスケジュールは以下の通りだ。

日時は協定世界時+2時間で表記。

5日目 - モーニングセッション、世界標準時9時

1)女子フライ級(48-51kg)

ファン・シャオウェン(1、チャイニーズ・タイペイ) vs クリスティ・ハリス(オーストラリア)

2)女子フライ級(48-51kg)

チョン・ジュヒョン(韓国) vs トゥルスノイ・ラヒモワ(ウズベキスタン)

3)女子フライ級(48-51kg)

アンジェリーナ・ルーカス(カザフスタン) vs ジュタマス・ジトポン(タイ)

4)女子フライ級(48-51kg)

アルタンツェツェグ・ルツァイハン(モンゴル) vs 並木月海(4、日本)

5)男子フライ級(48-52kg)

アミト(1、インド) vs エンフマンダフ・ハルフ(モンゴル)

6)男子フライ級(48-52kg)

カルロ・パーラム(フィリピン) vs ラミシュ・ラフマニ(アフガニスタン)

7)男子フライ級(48-52kg)

フ・ジャンガン(中国) vs ブルー・トゥ・ポーウェイ(チャイニーズ・タイペイ)

8)男子フライ級(48-52kg)

アザト・ウセナリエフ(キルギスタン) vs サケン・ビボシノフ(4、カザフスタン)

9)男子フェザー級(52-57kg)

ミラジズベク・ミルザハリロフ(1、ウズベキスタン) vs ガウラブ・ソランキ(インド)

10)男子フェザー級(52-57kg)

バフトバル・サジゴフ(タジキスタン) vs ツォ・シンユ(ホンコン・チャイナ)

11)男子フェザー級(52-57kg)

セリク・テミルザノフ(カザフスタン) vs ジャファル・アブドゥルリダ・アリ・アル=スダニ(イラク)

12)男子フェザー級(52-57kg)

ダニヤル・シャハバフシュ(イラン) vs ジェイミー・トゥムン・チャン(4、パプアニューギニア)

5日目 - イブニングセッション、現地時間17時

13)女子フライ級(48-51kg)

ティ・タム・ヌグイェン(3、ベトナム) vs ユアン・チャン(中国)

14)女子フライ級(48-51kg)

スマイヤ・コシモワ(タジキスタン) vs レーム・ハムダン・マンスール・アル=ムリヘール(ヨルダン)

15)女子フライ級(48-51kg)

アウ・インイン・ウィニー(ホンコン・チャイナ) vs アイリッシュ・マグノ(フィリピン)

16)女子フライ級(48-51kg)

タスミン・ベニー(ニュージーランド) vs MC“メアリー”・コム・マングテ(2、インド)

17)男子フライ級(48-52kg)

キム・インギュ(3、韓国) vs ティティサン・パンモット(タイ)

18)男子フライ級(48-52kg)

アレックス・ウィンウッド(オーストラリア) vs タム・チュンヒン・ケネス(ホンコン・チャイナ)

19)男子フライ級(48-52kg)

ムルタダ・ラード・カシム・アル=スダニ(イラク) vs オミド・アフマディサファ(イラン)

20)男子フライ級(48-52kg)

アルドムス・スグロ(インドネシア) vs シャホビディン・ゾイロフ(2、ウズベキスタン)

21)男子フェザー級(52-57kg)

チャチャイデチャ・ブットディー(3、タイ) vs イアン・クラーク・バウティスタ(フィリピン)

22)男子フェザー級(52-57kg)

チャーリー・シニア(オーストラリア) vs バン・ドゥオン・ヌグイェン(ベトナム)

23)男子フェザー級(52-57kg)

モハマド・アブデルアジズ・モハム・アルワディ(ヨルダン) vs ラッキー・ミラ・アウグスト・ハリ(インドネシア)

24)男子フェザー級(52-57kg)

ハム・サンミョン(韓国) vs ツエンドバータル・エルデネバト(2、モンゴル)

東京2020への出場権を手に入れる方法

アフリカ予選に続いては、アンマンでアジア/オセアニア予選を実施。続いてロンドンでヨーロッパ予選を、ブエノスアイレスでアメリカ予選を行う。

大陸別予選で東京2020への出場権を獲得できなかったボクサーにも、5月にパリでラストチャンスが与えられる。

詳細はこちら:

Olympic Channelのオリジナル作品The People's Fightersもお見逃しなく。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!