ボクシングオリンピック予選 – アンマン | 6日目スケジュール

東京2020オリンピックボクシング予選アンマン大会スケジュール - 6日目

アフリカ予選に続き、アジア/オセアニア予選がヨルダンのアンマンで行われる。

今夏の東京2020オリンピック競技大会への出場63枠を懸け、拳を交えるのは男子41人、女子22人のボクサーたち。

予選5大会の2戦目となるアンマン大会は3月3日から開催される。

Olympic Channelでライブ配信

ボクシングの全試合を、世界中の視聴者にライブでお届け。登録も料金も不要で、Olympic Channelのこちらのページで楽しめる。

ハイライトやフルリプレイも視聴可能。

観戦できない場合は、Olympic Channelのライブブログで全アクションをフォローしよう。

Olympic Channelのソーシャルメディアアカウントを通してコメントや質問を送り、ショーに参加しよう。

試合スケジュール

アンマンでの各試合は午前と午後の2セッションで実施。

ヨルダンの首都で繰り広げられる熱戦の詳細なスケジュールは以下の通りだ。

日時は協定世界時+2時間で表記。

6日目 - モーニングセッション、世界標準時9時

1)女子ミドル級(69-75kg)
リ・チェン(1、中国) vs ミャグマルジャルガル・ムンフバト(モンゴル)
2)女子ミドル級(69-75kg)
ポルンニパ・チュティー(タイ) vs プージャ・ラニ(4、インド)
3)男子ウェルター級(63-69kg)
ボボ=ウスマン・バトゥロフ(1、ウズベキスタン) vs マイマイティトゥ・エルスン・チョン(中国)
4)男子ウェルター級(63-69kg)
マリオン・ファウスティノ・アー・トング(サモア) vs ゼヤド・エイシャイフ・フセイン・エアシャシュ(4、ヨルダン)
5)男子ウェルター級(63-69kg)
岡澤セオンレッツクインシーメンサ(3、日本) vs ビカス・クリシャン(インド)
6)男子ウェルター級(63-69kg)
ウチチャイ・マスク(タイ) vs アブライハン・ジュスポフ(2、カザフスタン)
7)男子ライトヘビー級(75-81kg)
ベクザド・ヌルダウレトフ(1、カザフスタン) vs シャボス・ネグマトゥルロエフ(タジキスタン)
8)男子ライトヘビー級(75-81kg)
ジャカポング・ヨムホト(タイ) vs オダイ・リヤド・アデル・アルヒンダウィ(ヨルダン)
9)男子ライトヘビー級(75-81kg)
チェン・ダーシャン(中国) vs サチン・クマル(インド)
10)男子ライトヘビー級(75-81kg)
マン・クオン・ヌグイェン(ベトナム) vs パウロ・アオクーソ(オーストラリア)
11)男子ヘビー級(81-91kg)
ワシリー・レビト(1、カザフスタン) vs ダフラト・ボルタイェフ(タジキスタン)
12)男子ヘビー級(81-91kg)
アト・レアウ・プロドジツキ=ファオアガリ(サモア) vs フセイン・エイシャイシュ・フセイン・イアシャイシュ(4、ヨルダン)
13)男子ヘビー級(81-91kg)
サンジャル・トゥルスノフ(3、ウズベキスタン) vs トウファン・シャリフィ(イラン)
14)男子ヘビー級(81-91kg)
アーマド・ゴウスーン(シリア) vs デイビッド・ニカ(2、ニュージーランド)

6日目 - イブニングセッション、現地時間17時

15)女子ウェルター級(64-69kg)
チェン・ニエンチン(1、チャイニーズ・タイペイ) vs シネツェツェグ・ウランビレグ(モンゴル)
16)女子ウェルター級(64-69kg)
バイソン・マニコン(タイ) vs ケイ・スコット(4、オーストラリア)
17)女子ウェルター級(64-69kg)
グ・ホン(3、中国) vs バレンティナ・ハルゾワ(カザフスタン)
18)女子ウェルター級(64-69kg)
マフトゥナホン・メリエワ(ウズベキスタン) vs ロブリナ・ボルゴハイン(2、インド)
19)女子ミドル級(69-75kg)
ティ・タム・ヌグイェン(3、ベトナム) vs ナデズダ・リャベツ(カザフスタン)
20)女子ミドル級(69-75kg)
ソン・スヨン(韓国) vs ケイトリン・パーカー(2、オーストラリア)
21)男子ミドル級(69-75kg)
エウミル・マルシアル(1、フィリピン) vs ビャンバ=アーデン・オトゴンバータル(モンゴル)
22)男子ミドル級(69-75kg)
マイケル・ロバード・ムスキタ(インドネシア) vs アシシ・クマル(インド)
23)男子ミドル級(69-75kg)
ファナト・カフラモノフ(ウズベキスタン) vs アビルハン・アマンクル(カザフスタン)
24)男子ミドル級(69-75kg)
タングラティハン・トゥオヘタ・エルビエケ(中国) vs サイドシャヒン・ブルー・モウサビ(2、イラン)
25)男子スーパーヘビー級(+91kg)
バホディル・ジャロロフ(1、ウズベキスタン) vs ダニス・ラティポフ(バーレーン) 
26)男子スーパーヘビー級(+91kg)
オトゴンバヤル・ダイビー(モンゴル) vs サティシ・クマル(4、インド)
27)男子スーパーヘビー級(+91kg)
ジャスティス・フニ(3、オーストラリア) vs レウリア・マウー(ニュージーランド)
28)男子スーパーヘビー級(+91kg)
アイヘマイティ・マイマイティ(中国) vs カムシベク・クンカバイェフ(2、カザフスタン)

東京2020への出場権を手に入れる方法

アフリカ予選に続いては、アンマンでアジア/オセアニア予選を実施。続いてロンドンでヨーロッパ予選を、ブエノスアイレスでアメリカ予選を行う。

大陸別予選で東京2020への出場権を獲得できなかったボクサーにも、5月にパリでラストチャンスが与えられる。

詳細はこちら:

Olympic Channelのオリジナル作品The People's Fightersもお見逃しなく。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!